薙刀 一肥前国出羽守行廣(初代)
(いちひぜんのくにでわのかみゆきひろ)


Naginata:Ichihizennokuni Dewanokami Yukihiro



新刀・肥前 江戸前期



刃長:51.2(一尺六寸九分弱) 反り:2.1 元幅:2.77 元重ね:0.64 穴1



 薙刀造り、三ッ棟低い。 鍛え、やや黒みのある地鉄は、細かな地景が良く働いた板目鍛えで、総体的に良く詰み、地沸が厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とした刃文は、沸匂い深く、金筋、砂流し掛かり、匂い口明るい。 帽子、湾れ込んで荒沸付き、先掃き掛けて長く返る。 茎生ぶ、先極浅い栗尻、鑢筋違い。 銅二重ハバキ(刃側に割れ有り)。 研ぎ上がり。



【コメント】
 初代行廣は元和三年生まれ、九郎兵衛と称し、橋本吉信の次男、初代忠吉の孫、初代河内大掾正廣の弟に当たります。正保五年に出羽大掾、慶安三年には長崎へ赴き、阿蘭陀(オランダ)鍛えの名人、薬師寺四郎右衛門種永らに鍛錬法を学んだと云い、以降は『阿蘭陀鍛作』と添え銘あるものも見られるようになります。『阿蘭陀鍛え』とは、十七世紀になって日本に輸入されるようになった南蛮鉄を使用した鍛錬法のことで、中でもドイツ、ベルギー産の鉄を指すと云います。寛文三年に出羽守を受領、作は正保から延宝頃まで見られ、天和二年、六十六歳没。
 自ら『肥前一文字』と称し、茎に『一』を切り添えたように、備前一文字に倣った丁字乱れを得意とし、直刃出来の方が少ない刀工です。
 本作は一尺六寸九分弱の薙刀、やや黒みのある地鉄は、細かな地景が良く働いた板目鍛えで、総体的に良く詰み、互の目乱れを主体とした刃文は、常よりも増して金筋、砂流しが掛かっており、鉄色からしても、おそらく『阿蘭陀鍛え』と鑑せられます。地に大肌、緩みの出る箇所がありますが、初代肥前行廣の真面目な薙刀、研ぎ上がりで、銘も全く問題ありません。














商品番号:L-922 薙刀 一肥前国出羽守行廣(初代)

価格: ¥350,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ