刀 関住兼則作
(せきじゅうかねのりつくる)


Katana:Sekiju Kanenori



現代・岐阜
拵え入り




刃長:70.0(二尺三寸強) 反り:1.6 元幅:3.20
先幅:2.19 元重ね:0.79 先重ね:0.52 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、やや黒みを帯びた小板目の地鉄は、地沸を微塵に厚く敷いて、細かな地景を交えて地鉄良好。 刃文、尖り互の目乱れを主体とした刃文は、匂い勝ちに小沸付き、匂い口明るい。 帽子、直調で大丸風となり、先焼き詰めとなる。 茎生ぶ、先急な刃上がり栗尻、鑢鷹の羽。 銅ハバキ。 時代研磨(ヒケ、細かな刃アタリ有り)。
 打ち刀拵え(現代作 全長105 柄長24.5 鞘黒石目に下げ緒黒 柄黒木綿柄巻き、縁頭真鍮地容彫鳳凰図、目貫鳳凰図 鍔、鉄地木瓜形鋤出彫色絵、山に小鳥図)入り。



【コメント】
 兼則は小島太郎と言い、明治四十年生まれ、小島時次郎兼道の弟で、小島勝正、渡辺万次郎兼永系門人に当たり、岐阜県関市長住町に住しました。聖代刀匠位列では、『上工の上位 良大業 大関格』に列せられる業物鍛冶です。戦時中は陸軍受命刀匠として活躍、戦後に作刀許可を得たのは、昭和四十四年になります。
 本作には年紀はありませんが、茎に『桜に昭』の刻印があります。これは関刃物工業組合の合格印、正式な関軍刀です。この刻印は昭和十四年頃から使用されています。寸法は軍刀規格の上限一杯、最も長い部類の軍刀になるかと思います。刀身のみで746g、鞘を払って998g、重量が規格より軽いのは、後年に樋を入れたためと考えられます。尖り互の目乱れを焼いた典型的な美濃伝、地刃の鍛えは大変真面目な作、抜刀で使用してありますが、刃こぼれ、大きな曲がりはありません。昭和の関軍刀鍛冶代表、小島太郎兼則の希少な長尺軍刀です。










商品番号:L-937 刀 関住兼則作 拵え入り

価格: ¥365,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ