脇差し (太刀銘)(菊紋)山城守藤原国清 
(やましろのかみふじわらくにきよ)

(金象嵌) 貮ッ胴截断 山野加右衛門永久(花押)
寛文五年十二月廿一日(一六六五年)


Wakizashi:Yamashironokami FujiwaraKunikiyo



新刀・越前 江戸前期
業物




刃長:53.0(一尺七寸五分弱) 反り:0.8 元幅:3.13
先幅:2.24 元重ね:0.70 先重ね:0.46 穴2




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、地沸を微塵に厚く付けた小板目肌は、総体的に良く詰み、所々板目、流れ肌がザングリと肌立ち、細かな地景を織り成した素晴らしい鍛えで、地鉄概ね精良。 刃文、直湾れ調の刃文は、腰元に小互の目調の刃を交えて、刃縁にほつれ、喰い違い刃、上品な金筋、砂流し掛かり、匂い口潤むように明るく、刃縁に沿って二重刃風の沸筋も立つ。 帽子、直調でほつれ先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に赤銅着せ二重ハバキ。 時代研磨(小サビ、細かなヒケ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 国清は吉右衛門と言い、通説に因ると、本国信州松本で、慶長七年、駿河島田鍛冶、三代目助宗の子として生まれたと云います。初め助宗と銘じ、後に上京して堀川国広門下に入り、『国清』と改銘、徳川家康の孫、越後高田藩主松平忠昌に仕え、寛永元年に、忠昌が越前福井藩主となった際に、それに従って同地に移ったとされます。寛永四年に『山城大掾』、翌年には『山城守』を受領し、茎に『菊紋』を切ることも許されました。堀川一門の代表工であり、江戸初期の越前新刀としては、康継に次ぐ名工です。小沸出来の中直刃を得意とし、稀に互の目乱れもあります。脇差しには、慶長新刀特有の片切り刃、平造りの雄壮な作も見られます。彫りも上手く、簡素なものから、倶利伽羅、不動明王などの濃厚なものまで、多種に渡ります。作は寛永から寛文頃まで、寛文七、八年に没したと云います。
 本作は寛文五年、山野加右衛門永久による、『二ッ胴截断』の金象嵌銘が入った脇差し、寸法一尺七寸五分弱、反り浅く付いた典型的な寛文新刀姿、作も同年と考えられますので、同工最晩年の集大成とも言える優品です。年紀作がほとんど見られない同工に於いて、年紀作は大変希少、それが金象嵌銘となれば、これ程貴重なものはありません。
 地沸を微塵に厚く付けた板目肌は、総体的に良く詰み、所々板目、流れ肌がザングリと肌立ち、細かな地景を織り成した素晴らしい鍛えで、直湾れ調の刃文は、腰元に小互の目調の刃を交えて、刃縁にほつれ、喰い違い刃、上品な金筋、砂流し掛かり、匂い口の沸匂いの層に厚みがあって、潤むように明るく、刃縁に沿って二重刃風の沸筋も立っています。地刃健全で良く冴えて、刃の働きが古調で見応えがあり、特に欠点は見当たりません。
 現状は未鑑定の激生ぶ品、昭和二十六年の『広島五九九号』の古い登録証のみですが、特別保存までは100%保証致します。
 山城守国清の金象嵌截断銘入り脇差し、菊紋もピシッと入った、同工最晩年傑出の一振りです。














商品番号:L-994 脇差し (太刀銘)(菊紋)山城守藤原国清 

価格: ¥1,150,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ