脇差し 傘笠正峯作
(さんりゅうまさみねつくる)
平成三年十月日
彫仙寿


Wakizashi:Sanryu Masamine



現代・石川
人間国宝
自筆箱書き有り




刃長:31.8(一尺五分弱) 反り:僅か 元幅:3.09 元重ね:0.50 穴1



 平造り、三ッ棟低め。 表は梅樹龍、裏は梵字、護摩箸、蓮台の彫り。 鍛え、沈み勝ちに詰んだ精良な小板目肌は、細美な地景を配し、平地中央には地斑状に乱れ映りが立つ。 刃文、総体的に逆掛かる互の目丁子乱れは、匂い勝ちに小沸付き、刃中足が長く入り、匂い口潤むように明るい。 帽子、大きく湾れ込んで、先僅かに掃きかけ長く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧勝手下がり。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(小サビ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 正峯は隅谷與一郎と言い、大正十年、石川県石川郡松任町(現白山市)の生まれで、昭和十六年、桜井卍正次の子、桜井正幸門下に入り、翌年には広島県にある興国日本刀鍛錬場に入りました。戦後は郷里へ戻り、昭和三十一年、自宅に鍛錬所『傘笠亭(さんりゅうてい)』を構え、以降、『傘笠亭』、『傘笠』、『両山子』などと号しています。昭和三十二年からは、新作刀展で八年連続入賞、昭和四十年、四十一年と連続で最高賞の『正宗賞』を受賞し、同年に無鑑査並びに石川県重要無形文化財に認定、昭和四十九年には三度目の『正宗賞』を受賞、これは刀剣界初の快挙となりました。昭和五十六年には人間国宝認定、平成十年、七十七歳で没。
 作風は一貫して備前伝、その丁字刃は、独自の美しさ、輝きを放つことから『隅谷丁字』と称され、同工の代名詞ともなっています。
 本作は平成三年、同工七十歳の頃の作、寸法一尺五分、南北朝期を思わせる雄壮な平身脇差しです。
 沈み勝ちに詰んだ精良な小板目肌は、細美な地景を配し、平地中央には地斑状に乱れ映りが立っています。総体的に逆掛かる互の目丁子乱れは、匂い勝ちに小沸付き、刃中足が長く入り、匂い口潤むように明るい出来を示しています。 
 造り込み、地刃の出来、茎仕立てなどからして、加賀前田家に伝来した名物短刀『大青江』に代表するような、青江鍛冶の逆丁子乱れを焼いた意欲作、匂い口の柔らかさ、映りの様は、現代刀とは思い難い雰囲気があります。 
 表の梅樹龍、裏の梵字、護摩箸、蓮台の彫りは、無鑑査柳村仙寿の手によるものです。仙寿は柳村重信と言い、昭和二十年、姫路の生まれで、昭和四十七年、苔口仙に弟子入りしました。平成七年に岡山の重要無形文化財に認定、同九年には無鑑査、現代刀身彫刻の最高峰と呼ばれる名人です。平成三十年四月、七十三歳没。
 本作に見られる梅樹龍は、一竿子忠綱、月山貞一などにも見られる王道の彫りですが、本作は特に出来が素晴らしく、鏨運びの精緻さと言い、彫り全体のバランスと言い、全てに於いて完璧、平地の幅を目一杯使って、生命力溢れる龍と梅樹を腰元に添えています。また薄く丸みのある感じを、繊細な鏨で表現した梅の花びらなどは、同工特有のものでしょう。同工四十六歳の頃の作ですが、心技体の充実振りが伝わってくる、見事な仙寿彫りです。
 それぞれの分野で頂点を極めた名工による、渾身の合作短刀、金着せの二重ハバキ、貴重な正峯自筆の箱書きも付属した逸品、代々の家宝にもなるでしょう。












商品番号:M-001 脇差し 傘笠正峯作 人間国宝 自筆箱書き有り

価格: ¥1,500,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ