刀 大和大掾藤原正則
(やまとだいじょうふじわらまさのり)


Katana:Yamatodaijo Fujiwara Masanori



新刀・越前 江戸初期
良業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き
寒山先生鞘書き有り
『首斬り浅右衛門刀剣押形』所載品




刃長:71.5(二尺三寸六分) 反り:1.7 元幅:3.21
先幅:2.41 元重ね:0.70 先重ね:0.52 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先強く延びる。 表は変わり樋に蓮台、裏は『薫風自南来』の文字彫り。 鍛え、やや黒み勝ちな地鉄は、地沸を良く付け、板目肌が流れ心に上品に肌立ち、地景を交えて所々大模様にうねり、地鉄良好。 刃文、直湾れ調の焼き刃は、小互の目調の小足、直足、葉が間断なく入り、繊細な金筋、砂流しが掛かって、匂い口やや沈み勝ちに明るく潤む。 帽子、直調で焼き深く、先掃き掛け長く返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 肥後拵え(幕末期 全長99 鞘 黒に赤茶渦巻き変わり塗り鞘 こじり、鉄地銀象嵌唐草図 返り角、栗型、鯉口角 下げ緒古代紫 柄 鮫に赤塗り、薄茶裏革巻き 縁頭、こじりに同じ、鉄地銀象嵌唐草図 目貫、赤銅容彫笹図 鍔 素銅地椀形鋤出し毛彫、鯰の図)付き。



【コメント】
 正則は丹後国宮津の出身で、山城三条吉則の末流と云い、後に越前国福井に住し、京でも鍛刀しており、江戸初期の越前新刀鍛冶としては、康継、山城守国清に比肩する実力者です。
 年紀作は稀有ですが、その上限は慶長十三年、元和、寛永、正保頃まで作が残っています。刀より平脇差しが多く見られ、作風は、北陸物特有の黒みを帯びた地鉄に板目が流れ心に肌立つ鍛え、刃文は揃った互の目、互の目に尖り刃交じりの刃、互の目丁子など、乱れ刃は末関風、直湾れ調の刃は、康継を思わせるものがあります。また同工には不動明王、倶利伽羅、梅樹などの濃厚なものから簡素なものまで、巧みな彫り物がまま見受けられ、斬れ味鋭い業物鍛冶としても有名です。
 本作は寸法二尺三寸六分、反り美しく付き、切っ先力強く延びて、元先身幅の差が少ない造り込みは、いわゆる慶長新刀姿、江戸初期ならではの力感溢れる姿を示しています。年紀はありませんが、銘振りからして寛永頃の作と鑑せられる優品、地刃健全で、手にした時の重量感、迫力が違います。
 やや黒み勝ちな地鉄は、地沸を良く付け、板目肌が流れ心に上品に肌立ち、地景を交えて所々大模様にうねり、直湾れ調の焼き刃は、小互の目調の小足、直足、葉が間断なく入り、繊細な金筋、砂流しが掛かっています。やや沈み勝ちに明るく潤む匂い口は、斬れ味の良さを感じさせ、前述のように、初代越前康継を思わせる地刃の良く冴えた逸品です。
 表には変わり樋に蓮台、裏には『薫風自南来』の文字彫りがありますが、簡素ながら見事な鏨運びの自身彫りです。『薫風南自(よ)り来たる』は、古来より伝わる漢詩の一節で、禅語としても用いられる有名な一節です。
 地刃も健やかでしっかりとしています。
 寒山先生鞘書きに『出来大変宜しく、彫り物もまた見事、珍重すべき一振り也。』とあり、福永酔剣先生による『首斬り浅右衛門刀剣押形』にも所載の同工代表作、地元福井の古い登録証が付いています。
 外装は幕末の渋い肥後拵えで、黒に赤茶の渦巻き塗り鞘、金具も素銅地椀形鯰図の良い鐔などが付いています。
 魅力的な大和大掾正則、内外存分にお楽しみ頂ける優品です。




















商品番号:M-015 刀 大和大掾藤原正則 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き 寒山先生鞘書き有り 『首斬り浅右衛門刀剣押形』所載品 

価格: ¥2,100,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ