刀 (太刀銘)吉原荘二作之
(よしはらしょうじこれをつくる)
倣備前長船長光
昭和壬子歳八月吉日(昭和四十七年)


Katana:Yoshihara Syoji



現代・東京
拵え付き
無鑑査刀匠




刃長:74.3(二尺四寸五分) 反り:2.8 元幅:3.15
先幅:2.18 元重ね:0.82 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、猪首切っ先。 鍛え、板目肌良く詰み、地沸微塵に厚く付き、地鉄精良。 刃文、直湾れ調の刃取りで、刃中小互の目丁字を柔らかく焼いており、葉、直ぐの長い丁子足が間断なく入り、匂い口明るく締まる。 帽子、乱れ調で先小丸に返る。 茎生ぶ、先切り、鑢浅い勝手下り。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 二代国家こと吉原荘二は、昭和二十年生まれ、兄義人より先んじて、祖父初代国家に入門しました。兄義人と共に備前伝を研究、丁子乱れを主調とする一文字、長船長光等の写し物も得意とし、新作名刀展に於いては、数々の特賞を受賞しました。昭和五十七年には無鑑査に認定、同年、二代国家を襲名しました。その後も国宝の修復や複製、奉納刀、海外での実演なども精力的に行い、平成十五年には、映画『ラスト・サムライ』に、刀鍛冶役で出演したことは有名な話。前全日本刀匠会会長も務めた高潔な人物です。備前伝の探求に於いては、他の追随を許さない第一人者です。
 本作は昭和四十七年、同工二十七歳の頃の作、備前長船長光写しの傑作です。寸法、刀姿、先を僅かに切り詰めた茎の形状などは、国宝名物『大般若長光』を思わせる会心の一振りです。
 寸法二尺四寸五分、反り高く、猪首に詰まった切っ先、身幅、重ねのガシッとした姿は、鎌倉中期の太刀の美しさを遺憾なく示しています。
 直湾れ調の刃取りで、刃中小互の目丁字を柔らかく焼いており、葉、直ぐの長い丁子足が間断なく入り、綺麗な小板目鍛えに地景を交えた地鉄など、地刃の冴え、明るさは現代刀とは思えない見事なものです。
 長船派巨匠、長光の鎌倉太刀をここまで完璧に再現できるのは、吉原荘二を措いて他にいないでしょう。改めて同工が現代備前伝鍛冶の最高峰であると確信出来る名作です。








商品番号:M-065 刀 (太刀銘)吉原荘二作之 倣備前長船長光 無鑑査

価格: ¥1,390,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ