大脇差し 日置光平造
(ひおきみつひら)


Wakizashi:Hioki Mitsuhira



新刀・武蔵 江戸前期
良業物
特別保存刀剣鑑定書並びに特別貴重刀剣認定書付き




刃長:57.0(一尺八寸八分強) 反り:1.1 元幅:3.02
先幅:1.86 元重ね:0.72 先重ね:0.48 穴1




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目に杢目交じり、所々肌立ち、地沸え厚く付き、ほのかに映り気あり、地鉄良好。 刃文、表裏異なる児手柏(このてがしわ)、表は互の目丁子乱れを主体にした焼き刃で、小互の目、小丁字交じり、刃中砂流し掛かり、裏は直湾れ調で、刃縁に小乱れ、ほつれ、打ちのけ交じり、刃中金筋掛かる。 帽子、直調で湾れ込んで先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢勝手下り。 銀ハバキ。 時代研磨(切っ先にヒケ有り)。 新白鞘入り。



【コメント】
 日置光平は、元和五年、近江国蒲生郡の生まれで、近江石堂派の出身と云います。後に石堂是一、弟と伝わる対馬守常光らと共に、一旦京へ上った後に江戸赤坂に移住、江戸石堂派を興し、一門を牽引した名工、業物鍛冶としても有名です。
 承応の初め頃に『出羽守』を受領、『法橋』の僧位を授かり、明暦頃からは『菊花紋』を添えた銘を切り、寛文頃には入道して『泰信』と称し、晩年は信州真田家に召されて、松代城でも鍛刀しています。 銘振りは初め『日置光平造』で、『出羽守源光平』、『(菊紋)出羽守法橋源光平』、『(菊紋)出羽入道泰信法橋源光平』と変遷しています。
 作刀期間は、正保から天和頃までの四十年程でありながら、現存作が比較的少ないのは、古作一文字を彷彿とさせる華麗な丁子刃を得意とし、判然とした乱れ映りもまま見受けられることから、無銘にされて、本歌に紛れているものが多数あるためと言われています。
 本作は寸法一尺八寸八分強、しなやかな造り込みの大脇差しで、年紀はありませんが、前述した銘振りからして、同工三十歳頃の初期作に当たります。特筆すべきは、表裏で刃文が異なる、いわゆる児手柏(このてがしわ)の作であることです。本歌は鎌倉後期の名工、大和国手掻包永による名物『児手柏包永』であり、新刀期にも本作同様、これを狙った作が稀に見られます。
 表は同工真骨頂とも言える互の目丁子乱れで、刃中良く働いて匂い口明るく、新刀ながら刃が古調なため、確かに磨り上げれば古作に紛れてしまうでしょう。
 裏は穏やかな直湾れ調の出来で、刃縁にほつれ、打ちのけ、二重刃掛かり、古作大和物を見るかのような出来です。
 切っ先のヒケを取らないといけませんが、同工初期作にして、稀有な作例を示した江戸石堂日置光平の貴重な一振り、この度、特別保存鑑定も付き、新しい白鞘にピシッと入っています。


















【売約済】商品番号:M-070 大脇差し 日置光平造 特別保存刀剣鑑定書並びに特別貴重刀剣認定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ