脇差し 無銘(伝高木貞宗)
(でんたかぎさだむね)


Wakizashi:Mumei(Den Takagi Sadamune)



古刀・近江 南北朝中期
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き
寒山先生鞘書き有り




刃長:35.9(一尺一寸八分強) 反り:0.7 元幅:2.81 元重ね:0.45 穴2



 片切り刃造り、三ッ棟低い。 表に梵字と素剣、裏は菖蒲樋を掻き流す。 鍛え、板目、杢目がうねるように肌立つ鍛えに、無地風に詰んだ小板目を交え、地沸、地景を配し、地鉄良好。 刃文、ゆったりとした湾れ調の刃文は、刃縁にほつれ、湯走りが現れ、刃中小互の目足が入り、匂い深く小沸良く付き、匂い口明るい。 帽子、湾れ込んで烈しく沸付き、先掃き掛け返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 時代研磨(棟に小サビ有り)。 白鞘入り。
 合口拵え(江戸期 全長54センチ 鞘、柄共に総刻み、赤黒塗り こじり、鯉口、頭、栗型、瓦金、全て一作蒔絵、秋草図 小柄 銘柳川直春花押 銀研磨地、裏五月雨鑢、お多福の図 笄、真鍮地の外袋に入った銀地割り笄 目貫 赤銅地容彫色絵、柿の図)



【コメント】
 高木貞宗は、古来より相州貞宗の子、或いは門人と伝わり、近江国高木村で鍛刀したことから、この呼び名があります。『貞宗三哲』にもその名を連ねる同工は、一説によると、相州貞宗が近江の佐々木氏に招かれて、その地で鍛刀した際の門人と云われています。
 相州貞宗に在銘正真作はありませんが、高木貞宗には短刀、小脇差しに僅かに残されており、その一つが重要美術品の短刀で、かつては豊臣秀吉の所蔵品で、 『江州高木住貞宗』と銘があります。
 近江国高木村の所在地には諸説あり、今日では野洲郡篠原村高木(現滋賀県野洲市高木)説、蒲生郡市原村高木(現滋賀県東近江市高木町)説が有力で、後世には津田近江守助直などの鍛刀地としても有名です。
 作風は、相州貞宗に似て湾れ調の刃を主体に、互の目の交じるものもあり、金筋、砂流し掛かる出来を得意とします。無銘極めの作は、ほぼ平身の小脇差しで、刀はほとんど見られません。
 活躍期は、同門とされる京信国とほぼ同時期である、延文貞治頃とされています。
 本作は一寸程磨り上がっていますが、寸法一尺一寸八分強、三ッ棟で先反りの付いた重ね薄めの片切り刃脇差しです。
 板目、杢目が大模様にうねるように肌立つ鍛えに、無地風に詰んだ小板目を交える地鉄、ゆったりとした湾れ調の刃文は、刃縁にほつれ、湯走りが現れ、刃中小互の目足が入り、匂い深く小沸良く付き、表は平地のほぼ全面に焼きが入っています。
 地に鍛え肌が多少出ますが、刃は健やかで染みるような箇所はありません。
 刃縁に見られる沸の変化、美しさは、相州貞宗に比肩するものがあり、相州上工ならではの沸の煌めきは必見です。
 表には梵字と素剣、裏には菖蒲樋の生ぶ彫りが残っており、簡素ながら味わいのある良い彫り物です。
 四季折々の草花を細工したお洒落な金着せハバキも付属、これまで寒山先生の鞘書きのみでしたが、この度特別保存鑑定が付きました。
 外装が大変素晴らしい作で、赤茶塗りの総刻み鞘、こじり、鯉口、頭、栗型、瓦金部分等は、全て一作の金銀銅蒔絵秋草図、小柄笄は銀地、小柄は在銘、笄は真鍮地のケースに収納されたお洒落な作です。本外装は、古美術・骨董品専門情報誌、月刊『目の眼』内の弊社会社案内ページにも掲載された珠玉の逸品です。
 相州貞宗高弟、江州高木住貞宗の典型作、且つ希少な現存品、内外魅力満載、これは強くお薦めする目玉商品です。




















商品番号:M-117 脇差し 無銘(伝高木貞宗) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 寒山先生鞘書き有り

価格: ¥1,950,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ