刀 (太刀銘)播州姫路住藤原氏繁以瀑鍛作之
(ばんしゅうひめじじゅうふじわらのうじしげ)
寛保二壬戌年十一月日(一七四二年)


Katana:Bansyuhimejiju Fujiwarano Ujishige



新刀・播磨 江戸中期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.0(二尺三寸二分) 反り:1.6 元幅:3.03
先幅:2.14 元重ね:0.68 先重ね:0.54 穴1




 鎬造り、鎬庵棟高め、中切っ先。 鍛え、板目肌が総体的に良く詰み、細かな地沸、地景を交えて、所々肌立つ鍛えで、地鉄良好。 刃文、直刃湾れ調の焼き刃は、ほつれ、沸裂け、沸崩れ、二重刃を交え、刃縁に良く沸が付き、刃中金筋、砂流し掛かり、刃縁に沿って、所々湯走り状の太い沸筋立つ。 帽子、湾れ調で焼き深先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がりの入山風、鑢筋違い。 銅に銀着せ二重ハバキ。 時代研磨。



【コメント】
 手柄山氏繁一派は、江戸期の播磨を代表する一派であり、その祖は大和大掾氏重になります。氏重は津田越前守助廣門であった常陸守宗重門人に当たる刀工で、同銘が三代続きましたが、三代氏重が、後年『氏繁』と改銘、これを氏繁初代とし、以後幕末まで六代続いています。四代氏繁が、後年『正繁』と改銘し、奥州白河藩工となった手柄山正繁です。氏繁となってから、茎に『於播州手柄山麓』、『播州手柄山住』などと添えた銘を切っています。また同派に於いては、正繁以外の現存作は僅少です。
 本工は三代大和大掾氏重、後に改銘した初代手柄山氏繁の大変貴重な現存作です。初代手柄山氏繁の活躍期は、享保(一七一六~三六)末年から宝暦(一七五一~六四)初年頃までとされ、宝暦五年に没しています。
 特筆すべきは寛保年紀があることで、全国的に享保頃までは、主水正正清、一平安代、一竿子忠綱、四代肥前忠吉、三代近江守久道、土肥真了、武蔵太郎安国らの作が見られますが、その後元文(一七三六~四一)、寛保(一七四一~四四)、延享(一七四四~四八)、寛延(一七四八~五一)、宝暦年間は、刀匠が余り振るわない時代で、作もほとんどみません。そういう意味では、本作はその年紀によって確実に初代の作であることが分かりますので、資料的にも大変貴重かと思います。
寸法二尺三寸二分、鎬高めのしなやかでカチッとした造り込みは、地刃が如何にも健全で、『播州姫路住』の切り方は大変希少です。 
   板目肌が総体的に良く詰み、細かな地沸、地景を交えて、所々肌立つ鍛え、広直刃湾れ調の焼き刃は、ほつれ、沸裂け、沸崩れ、二重刃を交え、刃縁に良く沸が付き、刃中金筋、砂流し掛かり、刃縁に沿って、所々湯走り状の太い沸筋も見られます。『以瀑鍛作之』と自ら刻んだ鍛錬法は、具体的には分かりませんが、新刀高田鍛冶の大和守忠行などにも見られる『暴鍛作之』と同じ意と考えられます。ただ独特の地刃の変化を見せており、大変見応えがあります。
 鑑定書も付属した初代手柄山氏繁の現存作、秀逸な地刃の出来、銘振り、年紀等々、播磨の郷土刀だけには留まらない、コレクション価値の高い逸品です。
















【売約済】商品番号:M-133 刀 (太刀銘)播州姫路住藤原氏繁以瀑鍛作之 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ