太刀 (太刀銘)恒(以下切)(古備前恒光)
(こびぜんつねみつ)


Tachi:Tsune(Kobizen Tsunemitsu)



古刀・備前 平安末期
保存刀剣鑑定書付き 




刃長:70.9(二尺三寸四分弱) 反り:2.4 元幅:3.17
先幅:1.78 元重ね:0.52 先重ね:0.33 穴2




 鎬造り、鎬庵棟低め、小切っ先。 鍛え、小板目詰んだ地鉄は、所々肌立ちを見せ、白けるような映り立ち、地沸付き、地鉄良好。 刃文、湾れ調の刃取りで、刃区から三分の一、中央辺りには、小丁子、小乱れの刃文が見られ、刃中小足入り、匂い口潤み勝ちに明るい。 帽子、直調で大丸風に返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢勝手下り。 白鞘共木ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 



【コメント】
 古備前とは、平安末期から鎌倉初期頃まで、備前の地で活躍した刀工及びその作刀の総称で、三条宗近と同時代とされる友成、最も現存作の多い正恒を始め、信房、助包、恒光、真恒、吉包、利恒、『備前三平』と呼ばれる高平、包平、助平などがその代表工です。
 同派の一般的な作風は、腰反り高く踏ん張りがありながら、先へ行って伏せ気味となって小峰に結ぶ太刀姿、板目に地景の交じる鍛えには乱れ映りが立ち、 刃文は、華やかに乱れるものは僅少で、直刃か浅い湾れを基調とするものが大半となり、小乱れ、小丁子、互の目を交えて、刃沸良く付き、刃中金筋、砂流し掛かる出来です。
 本作は、下の穴が生ぶ穴で四寸程磨り上がっており、銘が『恒』で切れていますが、鑑定書にも但し書きがあるように、古備前恒光の希少な在銘太刀、茎尻には、古拙ながら大振りで味わい深い銘が残されています。
 恒光は、前述のように古備前正恒一派の代表格で、正恒の子とも伝わる名工、在銘品は僅少です。 本作は、寸法二尺三寸四分弱、腰反り付いて踏ん張りがあり、小峰に結んだ造り込みは、ほぼ当時の姿を留めた、何とも優美な太刀姿です。
 小板目詰み、所々肌立ちを見せる地鉄は、白けるような映り立ち、湾れ調の刃取りで、特にハバキ上は、何とも古雅な小丁子、小乱れの刃が良く働いています。刃区から三分の一、中央辺りには、オリジナルの焼き刃、刃沸が残っていますが、その他の刃文は繕いが目立ちます。
 本来、繕い刃が目立つ場合には鑑定が付きませんが、本作が鎌倉初期を下らない古備前恒光の希少な在銘品ということを考慮して保存のみ付けたものと思われます。
 地に鍛え肌等も見られますが、佩裏中程の棟から樋中に掛けて ズバッと誉れの刀疵が今も鮮明に残されています。
 古い登録証は、昭和二十六年の東京登録ながら、鑑定は今年取得したばかりの古備前恒光、これは激生ぶです。
















商品番号:M-187 太刀 (太刀銘)恒(以下切)(古備前恒光) 保存刀剣鑑定書付き 

価格: ¥3,200,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年1月号
(12
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ