刀 藤原氏房作(丸田備後守)
(ふじわらのうじふささく)


Katana:Fujiwarano Ujifusa



新刀・薩摩 江戸初期
拵え付き
保存刀剣鑑定書
探山先生鞘書き有り




刃長:71.2(二尺三寸五分弱) 反り:1.6 元幅:3.26
先幅:2.54 元重ね:0.73 先重ね:0.52 穴1




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先やや強く張る。 表裏棒樋に添え樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、地沸を厚く付けた板目肌が、細かな地景を交えて、うねるような鍛えを見せており、地色明るく、総体的に上品に肌立って、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れに互の目を交えた刃文は、刃縁小沸が付いて、刃中小互の目足入り、匂い口沈み勝ちに締まり気味となる。 帽子、乱れ込んで先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢逆筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(幕末期 全長100センチ 柄25センチ 鞘 黒乾石目鞘 こじり、四分一石目地鍬形 栗型、角 鯉口銀研磨地 下げ緒焦げ茶 柄 鮫に黒塗り黒柄巻き 縁頭、銀研磨地 目貫、銀地据え紋象嵌、三つ引き紋図 鍔 銘因州住駿河 鉄研磨地鋤出し、鋤下げ彫、鋤残し耳)付き。



【コメント】
 本工は、『藤原氏房作』と五字銘に切っていますが、探山先生鞘書きにもあるように、丸田備後守氏房の貴重な現存作に当たります。
 丸田備後守氏房は、美濃出身で、若狭守氏房門人に当たり、初め尾張、慶長頃に薩摩へ移住しました。
 作風は、雄壮な慶長新刀姿に、沸主調の湾れ、乱れ刃を焼くなど、師伝の美濃相州伝を良く継承しており、同時期の飛騨守氏房などに近い作もまま見受けられます。
 同工が薩摩へ移ったことで美濃相州伝がこの地で広まり、また主水正正清、伯耆守正幸、奥元平が皆同工の系統であることを考えると、同工なくして新刀期以降の薩摩鍛冶の発展はなかったと言えるでしょう。
 本作は寸法二尺三寸五分弱、切っ先力強く張って、元先身幅の差が少ない、典型的な慶長新刀姿を示しています。
 地沸を厚く付けた板目肌が、細かな地景を交えて、うねるような鍛えを見せており、地色明るく、総体的に上品に肌立って、湾れ乱れに互の目を交えた刃文は、刃縁小沸が付いて、刃中小互の目足入り、匂い口沈み勝ちに締まり気味となっています。
 付属の外装も幕末然とした作で、決して派手さはないものの、スマートで渋くて格好良く、鐔、目貫には、丸に三つ引両紋が入っています。
 探山先生鞘書きにも、『取り分け鍛錬の良さが際立つ優品哉。』とあり、また同工の正真現存作は僅少、その中で地刃の出来も典型的なものは、中々お目に掛かりません。
 大志津より継承された美濃相州伝を薩摩に伝えた名工、丸田備後守氏房の力感溢れる慶長新刀です。










【商談中】商品番号:M-202 刀 藤原氏房作(丸田備後守) 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥1,300,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年2月号
(1
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ