刀 (太刀銘)信濃国住宮入清平作
(しなののくにじゅうみやいりきよひらつくる)
昭和五十二年二月吉日


Katana:Shinanonokuniju Miyairi Kiyohira



現代・長野



刃長:78.4(二尺五寸九分弱) 反り:2.4 元幅:3.41
先幅:2.66 元重ね:0.678 先重ね:0.61 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、大切っ先。 表裏棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、やや黒み勝ちで板目が総体的に良く詰んだ地鉄は、細かな地景を交え、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ調の刃取りで、刃中小互の目、小丁子、小乱れ、尖り風の刃を交えた焼き刃は、匂い勝ちに小沸付き、繊細な金筋、砂流しが掛かる。 帽子、湾れ込んで掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銀に金鍍金二重ハバキ。 時代研磨(僅かにヒケ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 清平は宮入栄三と言い、大正十三年生まれ、人間国宝宮入昭平の十一歳下の弟であり、無鑑査刀匠宮入法廣の父に当たる刀匠です。昭和十六年から七年間、兄の元で修行、同郷の名工源清麿、兄昭平から一字ずつ貰い、清平と名乗りました。戦後は昭和三十四年から作刀を再開、昭和四十年に新作刀展に初出品し、努力賞を受賞しました。以降優秀賞、毎日新聞社賞など数々の賞を複数回受賞し、正に円熟期を迎えようとしていた昭和六十一年、六十二歳の頃に脳梗塞を患い、一時休業を余儀なくされました。しかし三年後の平成元年、不屈の精神で復活、この時に清宗と改銘しています。この後、七十九歳で没するまで作刀への情熱は衰えることなく、また後進の指導にも力を注ぎました。
 兄同様に相州伝を得意とし、相州貞宗、源清麿を狙った作を多く見ますが、南北朝期の備前物、志津兼氏辺りに範を取った作もあります。
 本作は昭和五十二年二月、同工五十三歳の頃の作、寸法二尺五寸九分弱、大切っ先の堂々たる一振り、南北朝盛期の備前物と鑑せられる会心作です。
 やや黒み勝ちで板目が総体的に良く詰んだ地鉄は、細かな地景を交え、互の目乱れ調の刃取りで、刃中小互の目、小丁子、小乱れ、尖り風の刃を交えた焼き刃は、匂い勝ちに小沸付き、繊細な金筋、砂流しが掛かっています。
 この年の十一月には、兄昭平を六十四歳で失った清平、本作は兄に勝るとも劣らない素晴らしい鉄鍛えを見せる渾身の一振り、宮入清平の備前伝代表作です。














【売約済】 商品番号:M-309 刀 (太刀銘)信濃国住宮入清平作

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ