刀 (太刀銘)靖繁
(やすしげ)
昭和十八年三月吉日


Katana:Yasushige



現代・山形 靖国刀匠



刃長:66.6(二尺二寸弱) 反り:1.8 元幅:3.09
先幅:2.01 元重ね:0.66 先重ね:0.46 穴1




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目肌綺麗に詰んで流れ肌交じり、地沸微塵に厚く付き、細かな地景を配して、地鉄概ね精良。 刃文、直刃調の刃文は、匂い勝ちに小沸付き 刃中小足、葉、小互の目足間断なく入り、匂い口やや沈み勝ちに締まる。 帽子、湾れ込んで小丸に返る。 茎生ぶ、先やや刃上がりの入山形、鑢切り。 銅ハバキ。 時代研磨(ヒケ、小サビ有り)。 白鞘入り。 



【コメント】
 靖繁は阿部繁雄と言い、明治四十四年、山形県生まれ、昭和八年、同郷の靖国刀匠池田靖光の門下に入り、東京都千代田区九段北にある、靖国神社境内の『日本刀鍛錬会』に入会、同十四年に『靖繁』を受銘しました。同門には村上靖延、八鍬靖武などがいます。昭和十九年には、第二回陸軍軍刀展覧会にて総裁賞を受賞するなど、鍛錬技術の高さは素晴らしいものがあります。
 本作は同工三十二歳の頃の作、板目肌が綺麗に詰んで流れ肌交えた地鉄は、細かな地景を配し、直刃調の刃文は、匂い勝ちに小沸付き、刃中小足、葉、小互の目足間断なく入り、匂い口やや沈み勝ちに締まった美しい直刃を破綻なく焼いています。靖国刀の作風は、基本的に長船長光や景光の直刃出来を模範としていますが、本作も正にそれと見える典型的な出来、現代刀とは思えない古調な地刃の雰囲気があります。本刀は鑑賞のみでお楽しみ頂きたいですが、一応刀身のみで652g、手持ち軽やかで振り易い靖国刀、阿部靖繁の自信作です。














商品番号:M-322 刀 (太刀銘)靖繁

価格: ¥490,000 (税込)
数量:
在庫: ×

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ