小太刀 (太刀銘)武蔵住国家作(吉原荘二)
(むさしじゅうくにいえつくる)
平成二年八月吉日


Kodachi:Musashiju Kuniie



現代・東京
拵え付き
無鑑査




刃長:63.0(二尺八分弱) 反り:1.8 元幅:2.79
先幅:1.93 元重ね:0.81 先重ね:0.56 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先猪首風にやや詰まる。 表裏棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、地沸を微塵に厚く敷いた小板目は、所々流れ心となり、細かな地景うねり、地鉄精良。 刃文、大房の華やかな丁子刃は、匂い深く、互の目、小丁子を交えて、刃中匂い足、葉が繁く入り、匂い口も明るく締まる。 帽子、小互の目風で焼き深く小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ太刀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(近代作 全長98センチ 柄長23.5 鞘 茶の塵散らし鞘 こじり、栗型、鯉口は銀地線模様 下げ緒紺色 柄 親鮫に黒柄巻き 縁頭、赤銅魚子地据紋象嵌金色絵、龍図 目貫、素銅地容彫金象嵌、龍図 鍔 鉄地あおり形肉彫透、点象嵌、波龍図 つなぎ欠)付き。



【コメント】
 二代国家こと吉原荘二は、昭和二十年生まれ、兄義人より先んじて祖父の初代国家に入門しました。兄義人と共に備前伝を研究、一文字、長船、末備前鍛冶等に範を取った作風を得意とし、新作名刀展に於いては、数々の特賞を受賞しました。昭和五十七年には無鑑査に認定、同年、二代国家を襲名しました。
 その後も国宝の修復や複製、奉納刀、海外での実演なども精力的に行い、平成十五年には、映画『ラスト・サムライ』に刀鍛冶役で出演したことは有名な話。前全日本刀匠会会長も務めた高潔な人物です。備前伝の探求に於いては他の追随を許さず、兄と共に次なる人間国宝最右翼とされる名工です。
 本作は平成二年、同工四十五歳の頃、一文字写しの傑作です。
 寸法二尺八分弱の小太刀、切っ先猪首風にやや詰まったしなやかな太刀姿、重ねはしっかりとして、茎にも反りを持たせるなど、刀身全体のシルエットが何とも美しいです。
 鎌倉初期頃から見られる小太刀は、古備前、一文字、長船一派など、特に備前物に多く見られ、備中古青江、山城来系統にもまま見られます。
 地沸を微塵に厚く敷いた小板目は、所々流れ心となり、細かな地景うねる精良な鍛えで、大房の華やかな丁子刃は、匂い深く、互の目、小丁子を交えて、刃中匂い足、葉が繁く入り、匂い口も明るく締まっています。
 起伏のある丁子刃だけ見れば、国宝名物長篠一文字を思わせるものがあり、また現代刀工でこれくらい柔らかな丁子刃を焼く人も中々いません。
 平成の初め頃は、無鑑査に認定されて間もなく精力的に鍛刀していた時期、そんな壮年期の意欲作、二代国家こと吉原荘二による一文字写しの小太刀、希少な現存作です。
 外装はいわゆる棕櫚毛(しゅろげ)塗りの茶鞘、龍金具でまとめた中々渋い良い作です。
















商品番号:M-327 小太刀 (太刀銘)武蔵住国家作(吉原荘二) 無鑑査 拵え付き

価格: ¥880,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年5月号
(4
/19発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ