刀 武蔵国住人天龍子橘久一作之
(むさしのくにじゅうにんてんりゅうしたちばなのひさかずこれをつくる)
慶応四辰二月日(一八六八年)
百煉千鍛斬精鉄試之 赤心報国


Katana:Musashinokunijunin Tenryushi Tachibanano Hisakazu



新々刀・伊勢 江戸末期
海軍拵え付き




刃長:70.8(二尺三寸四分弱) 反り:0.9 元幅:3.27
先幅:2.33 元重ね:0.82 先重ね:0.61 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先やや延び心。 鍛え、柔らかな柾肌が流れ、所々肌立ち、地景を交えて、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、直調の刃文は刃中小互の目足、葉が間断なく入り、柔らかな金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ調でほつれ先烈しく掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨(刃区にアタリ有り)。 白鞘入り。
 二鐶吊海軍軍刀拵え(全長・93.5、柄・24.5 黒漆塗り鮫に焦げ茶糸巻き 金具、真鍮地桜図 目貫、真鍮地金色絵桜図 鐔、真鍮地黒塗り卵形、四枚切羽 鞘、黒研ぎ出し鮫巻き木鞘 下げ緒、海軍士官用茶)入り。



【コメント】
 久一は橘平左衛門と言い、越後片貝の出身(現新潟県小千谷市片貝町)、摂津へ出て尾崎助隆に学び、後に伊勢山田に住しました。後期晩年には江戸でも鍛刀しています。
 相州伝互の目乱れを本位とし、作は安政から明治初年まで残されています。
 本作は慶応四年二月作、江戸期の最後の年、寸法二尺三寸四分弱、反り浅く、茎長めの幕末スタイルを示した雄壮な一振りです。
 綺麗な柾肌が波状に流れる綺麗な鍛え、直調の焼き刃は、刃中小互の目足、葉が間断なく入るなど、地刃良く出来ています。
 幕末水戸の名工勝村徳勝は、斬れ味を追求した結果、保昌柾目鍛えに辿り着きました。本作も江戸打ち、且つ同工には見受けない柾目鍛え、もしかしたら江戸小石川の勝村工房にてその手解きを受けたのかもしれません。
 茎裏にある『百煉千鍛斬精鉄試之』の切り付け銘、『煉』は『錬』と同じ意、呼んで字の如く、入念なる折り返し鍛錬をした強靱な鋼を使用した刀で試し斬りを行ったという意でしょう。
 『赤心報国』の『赤心』とは『嘘偽りのない心、真心』、誠意を持って国に報いるという意になるかと思います。幕末期に於いては尊皇攘夷派の間でも良く用いられたスローガンです。
 外装は昭和十二年~終戦作、海軍士官用新軍刀拵え、いわゆる海軍太刀型で、大きな傷みなく、切羽は四枚(旭日大切羽、銀の小刻み)、鐔、切羽、縁等にある通し番号は『四』、その横に『田中』と名前が切り付けてあります。柄の兜金にも『丸に田中』のネームプレートが付いています。金具類には多少のスレ感はありますが、鞘は凹み等なく綺麗だと思います。
 天龍子橘久一の江戸打ち注文作、斬れ味鋭い柾目鍛えの一振り、銘は全く問題ありません。
 伊勢山田の郷土刀のみならず、この幕末刀を昭和初期に海軍拵えに仕込んだ希少な逸品、これは押さえて下さい。
















商品番号:M-358 刀 武蔵国住人天龍子橘久一作之 海軍拵え付き

価格: ¥490,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年6月号
(5
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ