脇差し 伊予大掾橘勝国
(いよだいじょうたちばなのかつくに)


Wakizashi:Iyodaijo Tachibanano Katsukuni



新刀・加賀 江戸前期 大業物
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:33.8(一尺一寸強) 反り:0.7 元幅:3.06
先幅:2.91 元重ね:0.62 穴1




 おそらく造り、鎬高く庵棟低め、大切っ先。 鍛え、沈み勝ちの板目、杢目肌は、総体的に流れ心があって細かく肌立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、尖り互の目が三つずつ連れる三本杉を焼き、刃縁に荒沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し掛かり、匂い口明るく締まり気味となる。 帽子、刃文のまま乱れ込んで、先地蔵風となって掃き掛け返る。 茎生ぶ、先入山形、鑢片筋違い。 銅に銀鍍金二重ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 本工の伊予大掾橘勝国は、松戸善三郎と言い、加州陀羅尼一派の代表工で、初銘を家重、寛文元年に伊予大掾を受領、同時に勝国と改めました。本工を初代として、勝国の名跡は明治期まで七代を数えます。
 加州陀羅尼一派は、室町中期の勝家を初祖とし、元々は越前千代鶴国次の系統と云います。
 また本工は同派随一の技量を持つ刀工としても名高く、得意とする三本杉風の尖り互の目が余りにも本家孫六兼元と類似するため、銘消しされた上、兼元の偽銘を入れられているものが相当数あることは有名な話。稀に直刃調、湾れ調の作もあります。また孫六に匹敵する大業物としても良く知られています。
 活躍期は初銘の家重時代を含めると承応(一六五二~五五年)から寛文(一六六一~七三年)まで、寛文十二年没。
 本作はいわゆる『おそらく造り』脇差し、本歌は室町後期作、駿河島田助宗の短刀で、武田信玄の差し料であったと伝わる名刀です。差し表のハバキ上、鎬の稜線をまたぐように『おそらく』の文字が陰刻されていることから、この名が付けられたと云われています。『おそらく造』の定義としては、切っ先の長さが刃長の半分以上を占める造りを言い、『おそらく』の語源に付いては、諸説あるものの、『おそらく、こんな造り込みは他にはないであろう。』とする説が有力です。助宗以降、『おそらく造り』の作例は各時代に見られますが、新刀期では、島田一派の越前山城守国清、新々刀期では、源清麿、斎藤清人、栗原信秀など清麿系に多く、現代刀匠でも時折見られます。
 本作は寸法一尺一寸強、同工最良期に当たる寛文期の優品です。
 沈み勝ちの板目、杢目肌は、総体的に流れ心があって細かく肌立ち、尖り互の目が三つずつ連れる典型的な三本杉を焼き、刃縁に荒沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し掛かり、匂い口明るく締まり気味となるなど、前述したように本家孫六兼元を彷彿とさせる見事な出来です。
 同工円熟期の典型作、特別保存鑑定書付きで、昭和二十九年の古い認定書も付いています。登録証も勿論石川県、昭和二十六年三月の登録です。地刃も健やかで、これは絶対に見逃せません。














商品番号:M-416 脇差し 伊予大掾橘勝国 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥650,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ