刀 飛騨守藤原氏房
(ひだのかみふじわらのうじふさ)


Katana:Hidanokami Fujiwarano Ujifusa



新刀・尾張 江戸初期
業物 太刀拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:68.3(二尺二寸五分強) 反り:1.2 元幅:3.03
先幅:2.29 元重ね:0.69 先重ね:0.51 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先やや延び心。 表裏棒樋を掻き通す。 鍛え、板目が総体的に良く詰んだ地鉄は、細かな柾肌、流れ肌を交えて、地沸、地景をふんだんに配し、地鉄精良。 刃文、直調に湾れ、互の目を交え、刃縁の沸匂い一際深く、喰い違い刃、沸崩れを交え、匂い口やや沈み勝ちに締まる。帽子、焼き深く湾れ調で沸付き、先掃き掛け僅かに返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 太刀拵え(幕末期 全長103センチ 鞘 黒に金箔張り研ぎ出し鞘 足間、革包み、太刀緒革花模様 経年の擦れにより色落ち、くすみ有り 柄 鮫に茶革柄巻き 目貫、赤銅容彫金色絵蛇の目輪紋図 金具類、石突き、責め金、一、二の足、口金、兜金、縁等全て同作、鉄地唐草金象嵌 鍔 鉄槌目地木瓜形無模様、赤銅阿弥陀鑢地の同型大切羽が張られている)付き。  



【コメント】
 飛騨守氏房は、永禄十年、若狭守氏房の嫡子として美濃関に生まれました。十一歳で織田信孝(信長の三男)の小姓として仕えましたが、信孝自害後は浪人となります。数年後、武士としての生活に見切りを付けると、岐阜で鍛刀していた父若狭守と共に清洲へ移り、天正十六年頃から父の元で本格的に鍛刀を学びました。天正十八年に父が没した後は、初代信高に師事したと伝えています。天正十九年、関白となった豊臣秀次が清洲領主となると、氏房、初代政常、初代信高の三名は、京の聚楽第(じゅらくてい)での謁見を許され、この際に各自作刀を献上、翌年五月、再度上洛して氏房は飛騨守、政常は相模守、信高は伯耆守を賜りました。その後、慶長十五年に名古屋城が完成すると、氏房は程なくして名古屋城下へ移住、寛永八年、子の備前守氏房に家督を譲り、同年十月、六十五歳で没。
 作風は、身幅広く、反り浅め、鎬高めでガシッとして、切っ先は中切っ先延び心のもの、大切っ先のものが大半で、典型的な慶長新刀姿を示します。
 地鉄は小板目が良く詰んで地沸が厚く付くもの、板目に杢目が交じって肌が流れ心になるものがあり、刃文は、大互の目乱れで尖り刃交じるもの、湾れに互の目、丁子の交じるもの、直刃調に小湾れ交じるものがあります。 
 活躍期は天正末年から慶長末年頃までとされていますが、年紀作はほとんど見られません。
 本作は寸法二尺二寸五分強、切っ先グッと延び心で、反りやや浅めに付いた雄壮な造り込みで、地刃健全、慶長末年から寛永初年頃の作と鑑せられる同工晩年作です。
 板目が総体的に良く詰んだ地鉄は、細かな柾肌、流れ肌を交え、地沸、地景をふんだんに配した精良な鍛えで、直調に湾れ、互の目を交えた焼き刃は、刃縁の沸匂い一際深く、喰い違い刃、沸崩れを交え、匂い口やや沈み勝ちに締まっています。刃縁に沸匂いで尖るような刃や黒い沸粒が見られますが、こういった作風は、父若狭守門人で後に薩摩へ移った丸田備後守氏房などにも見られるもので、後の主水正正清、一平安代といった薩摩新刀の源流が窺える優品です。
 刃中に細かな鍛えが少しありますが、この匂い口は如何にも物斬れしそうな雰囲気、地刃綺麗で幕末期の太刀拵え付き、これは良い飛騨守です。




















商品番号:M-440 刀 飛騨守藤原氏房 特別保存刀剣鑑定書付き 太刀拵え付き

価格: ¥1,680,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年10月号
(9
/20発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ