直刀 (太刀銘)登(=樫山正春)
(のぼる)(かしやままさはる)
昭和五十七年早春


Chokutou:Noboru(Kashiyama Masaharu)



現代・徳島



刃長:71.7(二尺三寸七分弱) 反り:内反り 元幅:2.44 元重ね:0.65 穴1



 切刃造り、丸棟低い、魳切っ先。 鍛え、僅かに柾肌を交えた小板目肌は、地沸を厚く付けて細やかに肌立ち、地鉄概ね精良。 刃文、細直刃湾れ調の刃文は、匂い勝ちに小沸付き、刃中小互の目、小乱れを交えて小足、葉入り、匂い口やや沈み勝ちに潤む。 帽子、湾れ調で焼き詰める。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 登は、本名樫山登と言い、徳島県御所村(ごしょそん)、現在の阿波市土成町(どなりちょう)出身、同じ徳島出身の小林一刀斎正清に学び、正春と銘じました。後に人間国宝大隅俊平、無鑑査河内国平にも学んでいます。
 銘は通常『阿州御所住正春作』などと切ります。
 本作はいわゆる直刀、寸法二尺三寸七分弱、丸棟で刃側に湾曲した特異なスタイルです。
 直刀は、日本刀が登場する以前、古くは三世紀の古墳時代から平安中期頃まで製作されています。突くことよりも断ち斬ることが主であり、切り刃造りを基本としています。最も有名な作が、国宝『丙子椒林剣』と『七星剣』であり、六世紀の飛鳥時代、聖徳太子(厩戸皇子)の差し料であったと伝わります。元は聖徳太子が建立したとされる大阪四天王寺にありましたが、現在は東京国立博物館に寄託されています。
 本作もこれら国宝に倣った作かと思いますが、茎尻付近に大きな穴(手抜き緒通し)がありますので、『丙子椒林剣』を写したものと鑑せられます。
 手抜き緒通しとは、刀を落とさないように握る紐を通す穴のことです。
 僅かに柾肌を交えた小板目肌は、地沸を厚く付けて細やかに肌立ち、細直刃湾れ調の刃文は、匂い勝ちに小沸付き、刃中小互の目、小乱れを交えて小足、葉入るなど、何とも上品な出来映えを示しています。
 同工の作はまずお目に掛かることがなく、国宝写しの直刀となれば、こんなに珍しい作もないでしょう。銘も本名の『登』一字のみ、おそらく特注品かと思います。
 徳島の名工、阿州御所住正春の意欲作、確実に押さえて下さい。








商品番号:M-460 直刀 (太刀銘)登(=樫山正春)

価格: ¥790,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ