脇差し 河内守本行 (松葉本行)
(かわちのかみもとゆき)
正宗以作形鍛之


Wakizashi:Kawachinokami Motoyuki



新刀・肥前 江戸中期
業物
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:54.2(一尺七寸九分弱) 反り:2.3 元幅:2.92
先幅:2.02 元重ね:0.63 先重ね:0.44 穴1




 鎬造り、鎬三ッ棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目の詰んだ鍛えには、地沸が厚く付き、細かな地景入り、大小様々な飛び焼きが多数見られ、地鉄良好。 刃文、直湾れ調の焼き刃は、刃縁に荒沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し掛かり、匂い口はやや沈み勝ちに潤む。 帽子、直調で先小丸に返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢切り。 銅に銀着せ二重ハバキ(被せ部分は銅)。 時代研磨(小サビ有り)。



【コメント】
 本行は、豊後国の出身で、新刀高田一派である高田尚行の子として承応元年に生まれました。鎌倉初期の名工、豊後行平の後裔と称し、初め『行春』と銘じ、延宝五年に父と共に肥前国唐津に移り、『河内守』を受領、『行平』と改めました。元禄五年頃、江戸へ出て麻布に住し、しばしば相模国鎌倉の伊勢大掾綱廣(五代綱廣)の元へ足を運び、相州伝を学んでいます。元禄七年には、本阿弥家から『本』の字を賜り、『本行』と改め、再度唐津へ戻り、最晩年には『豊後太郎』と称しました。没年は不詳ですが、享保十九年の作に、『豊後太郎本行八十三歳作』の銘があり、これが同工の最終年紀作とされています。
 晩年には、銘字の『本』の字を松葉の如く崩した書体で切ったことから、『松葉本行』の異名があります。
 作刀期間は、延宝から享保まで六十年余りに渡るのですが、現存作は僅少です。
 作風は、備前伝を基調とした乱れ刃を本位とし、直刃調の出来もありますが、綱廣に学んでからは相州伝へ傾倒、烈しい皆焼刃もまま見受けられます。
 本作は、寸法一尺七寸九分弱、三ッ棟で反り高いしなやかな造り込み、茎裏に自ら切り付けてあるように、相州正宗を狙った皆焼風の烈しい出来映えです。
 銘振りからして、本行へ改銘後、唐津へ戻った元禄末年頃の作と鑑せられます。
 直湾れ調の焼き刃は、刃縁に荒沸付いて匂い深く、刃中金筋、砂流し掛かり、板目の詰んだ鍛えには、地沸がびっしりと付き、細かな地景入り、大小様々な飛び焼きが多数見られ、一部それらが連なって島刃状を形成しています。地の働きは筆舌に尽くし難いものがありますが、とにかく凄いです。
 激生ぶ品のため、未鑑定品でしたが、この度特別保存鑑定書が付きました。
 松葉本行の正宗写し、これは貴重な現存作になるでしょう。










商品番号:M-462 脇差し 河内守本行(松葉本行) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥470,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ