脇差し 相州廣正(無銘)
(そうしゅうひろまさ)


Wakizashi:Sousyu Hiromasa



古刀・相模 室町中期
時代拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:38.7(一尺二寸八分弱) 反り:0.7 元幅:2.60
先幅:1.93 元重ね:0.49 先重ね:0.40 穴2




 鎬造り、鎬尋常三ッ棟低い、中切っ先。 表は長梵字に三鈷柄附剣、裏は梵字有り。 鍛え、板目肌流れ心に上品肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目丁子乱れを主体とした焼き刃は、小互の目、小丁子、小乱れが複雑に入り乱れ、匂い勝ちに小沸付き、刃中柔らかな金筋、砂流し掛かり、匂い口明るい。 帽子、乱れ込んで返り長く、鎬地棟寄りを断続的に焼き下げる。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に銀着せ二重ハバキ(被せ部分は金鍍金で透かし彫り有り)。 研磨充分。 白鞘入り。
 脇差拵え(江戸期 全長59センチ 鞘 黒艶に朱の鋤出し風蒔絵、菊枝図 こじり、菊花形、花弁は素銅に毛彫銀点象嵌、茎は銀地 返り角、飾金具、栗型は赤銅容彫色絵、菊花図 小柄笄、赤銅魚子地据え紋象嵌色絵 下げ緒、麻地、薄茶に薄緑 柄 親鮫に金茶蛇腹巻き 縁頭、栗型と同作同図、赤銅地鋤出彫毛彫金銀色絵 目貫、赤銅容彫色絵菊枝図 鍔 赤銅魚子地菊花形、猪の目透、菊花図)付き。  



【コメント】
 相州廣正は、銘鑑等では初代を南北朝中期の延文貞治頃とし、廣光や秋廣と同時代の刀工と伝えていますが、その頃と鑑せられる在銘確実な作は皆無です。以降二代を永和、三代を応永、四代を文安、五代を文明、六代を永正頃とし、現存作は室町期のものが大半です。
 作風は、廣光や秋廣同様に互の目丁子を主体とした華やかな焼き刃、皆焼刃を本位とし、草の倶利伽羅、三鈷柄附き剣、櫃内に真の倶利伽羅、独鈷剣の浮き彫りなど、『相州彫り』と称される見事な彫り物もまま見られます。幕末の名彫り師、本荘義胤が手本としたのはこれらの彫り物です。
 本作は三寸程磨り上がって寸法一尺二寸八分弱、無銘ながら『相州廣正』と極められた一振り、時代は造り込みからして室町中期を下らない作と鑑せられます。
 互の目丁子乱れを主体とした焼き刃は、小互の目、小丁子、小乱れが複雑に入り乱れ、匂い勝ちに小沸付き、刃中柔らかな金筋、砂流し掛かり、帽子も烈しく乱れ込んで返り長く、鎬地棟寄りを断続的に焼き下げています。特に上半は平地、鎬地に飛び焼き多数で皆焼状を呈するなど、烈しい出来を示しながら、何とも言えない上品な華やかさがあります。
 表は長梵字に三鈷柄附き剣、裏は磨耗していますが梵字と旗鉾らしき生ぶ彫りがあり、磨り上げのため、茎にまで及んでいます。剣は柄部分のみ濃厚に彫り込むなど、『相州彫り』の典型を示しており、研ぎも良く、地刃も冴えています。
 朱の菊枝蒔絵鞘の外装は、全て赤銅地菊花図金具でまとめられており、時代の味わい、色艶が上品に出た良い拵えです。
 小振りな脇差しですが、内外見所満載、相州廣正の典型作優品です。
















【売約済】商品番号:M-475 脇差し 相州廣正(無銘) 時代拵え付き 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ