短刀 加賀住正峯作之
(かがじゅうまさみねこれをつくる)
癸丑年八月日(昭和四十八年)


Tanto:Kagaju Masamine



現代・石川
人間国宝




刃長:27.4(九寸強) 反り:0.2 元幅:2.85 元重ね:0.52 穴1



 平造り、庵棟低い。 表裏棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、やや黒みを帯びた地鉄には、沈み勝ちに小板目肌が詰んで、所々地景がうねるように働き、地沸良く付き、地鉄概ね精良。 刃文、匂い深い逆丁子乱れを主体とした焼き刃は、刃中柔らかな逆足が繁く入り、匂い口潤むように明るく締まるなど。 帽子、湾れ込んで先丸く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
 正峯は隅谷与一郎と言い、大正十年、石川県石川郡松任町(現白山市)の生まれで、昭和十六年、京都の立命館日本刀鍛錬所に入所、桜井卍正次の子、桜井正幸門下に入りました。戦後は郷里へ戻り、昭和三十一年、自宅に鍛錬所を開設、『傘笠亭(さんりゅうてい)』と名付けました。『傘笠亭』とは、立命館鍛錬所にあった一棟の名称でそれを継承し、以降、自らも『傘笠亭』、『傘笠』、『両山子』などと号しています。昭和三十二年から新作刀展で八年連続入賞、昭和四十年、四十一年と連続で最高賞の『正宗賞』を受賞、同年に無鑑査並びに石川県重要無形文化財に認定、昭和四十九年には三度目の『正宗賞』を受賞しました。これは当時刀剣界初の快挙でもありました。昭和五十六年には人間国宝認定、平成十年、七十七歳で没。
 作風は一貫して備前伝、その丁子刃は独自の美しさ、輝きを放つことから『隅谷丁子』と呼称され、同工の代名詞ともなっています。
 本作は昭和四十八年、同工五十二歳の頃の作、大青江写しの優品です。
 本歌は加賀前田家伝来の短刀、南北朝中期、備中青江次直の作で、逆丁子乱れを焼いた同工の代表作であると共に、この期の青江派の華やかな作風を良く示した傑作として今に受け継がれて名品です。
 本作は寸法九寸強、やや黒みを帯びた地鉄には、沈み勝ちに小板目肌が詰んで、所々地景がうねるように働き、匂い深い逆丁子乱れを主体とした焼き刃は、刃中柔らかな逆足が繁く入り、匂い口も潤むように明るく締まるなど、地刃も良く冴えており、本歌を忠実に再現しています。
 正宗賞を三度受賞した昭和四十年代は、同工にとって正に壮年の最良期であり、本作からもその心技体の充実振りを窺うことが出来ます。
 現代刀とは思い難い刃中の柔らかさ、これぞ正に隅谷丁子の真骨頂、この感じは現代刀では中々出ません。流石です。








商品番号:M-515 短刀 加賀住正峯作之 人間国宝

価格: ¥950,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ