脇差し 肥前国忠吉(初代)
(ひぜんのくにただよし)


Wakizashi:Hizennokuni Tadayoshi



新刀・肥前 江戸初期
最上作 最上大業物
特別保存鑑定書付き




長:38.8(一尺二寸八分) 反り:0.8 元幅:3.43 元重ね:0.72 穴2



 平造り、庵棟低め。 表は菖蒲樋、裏は二筋樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、小板目がやや沈み勝ち詰んだ綺麗な小糠肌は、地沸を厚く敷き、所々流れるように肌立ち、細かな地景入り、地鉄良好。 刃文、直湾れ調の焼き刃は、刃縁に美しい小沸が良く付き、匂い深く、葉、小足をふんだんに配し、物打ち付近は小互の目、小丁字足が目立って入り、匂い口潤み勝ちに明るい。 帽子、直調で先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
 初代忠吉は、橋本新左衛門と称し、元亀三年の生まれ、忠吉一門の旗頭として、慶長元年、二十五歳の頃に、肥前国佐賀藩主鍋島勝茂の命により京の埋忠明寿に弟子入り、慶長三年、帰国後に佐賀城下へ移ると、慶長五年より藩工としての本格的な作刀が始まります。
 銘振りは三通り、大まかに区切りを付けるならば、慶長末年頃までを『肥前国忠吉』と切る『五字忠吉』銘、元和末年頃までを『肥前国住人忠吉作』と切る『住人忠吉』銘、寛永以降は『武蔵大掾藤原忠廣』と切り、源姓から藤原姓へ改めています。寛永九年、六十一歳没。
 本作は『五字忠吉』銘の平脇差し、寸法一尺二寸八分、元幅3.43㎝もある豪壮な一振り、年紀はありませんが、その銘振りからして、元和五、六年の作と鑑せられます。
 前述のように、元和年間はほとんどが『住人忠吉』銘ですが、厳密に言うと、慶長十八年紀のある『住人忠吉』銘、元和年間作の『五字忠吉』銘も僅かにあります。本作はその貴重な銘振りの一つ、最大の見極めポイントは、『忠』の字、下半の『心』の第一画目の点をそれまで右斜め下へ打っていたものを元和五年頃から左斜め下へ打つようになります。これは慶長期の五字忠吉銘には見られません。同工四十八、九歳の頃に当たり、同工壮年期に於ける佳品です。
 小板目がやや沈み勝ち詰んだ綺麗な小糠肌は、所々流れるように肌立ち、細かな地景入る地鉄で、直湾れ調の焼き刃は、刃縁に美しい小沸が良く付き、匂い深く、葉、小足をふんだんに配し、物打ち付近は小互の目、小丁字足が目立って入り、匂い口潤み勝ちに明るい出来です。
 地鉄、茎に少し荒れた箇所もありますが、迫力みなぎる慶長新刀平脇差し、初代の脇差しとしては最も幅広な部類の作であり、『住人忠吉』時代の『五字忠吉』銘の作としても大変希少な逸品です。










商品番号:M-546 脇差し 肥前国忠吉(初代) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,350,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ