刀 於頭山満翁邸内笠間一貫斎繁継作
(とうやまみつるおうていないにおいて
かさまいっかんさいしげつぐつくる)
昭和十四年八月日


Katana:Tohyama Mitsuruouteinai Kasama Ikkansai Shigetsugu



現代・東京
海軍軍刀拵え付き




刃長:63.2(二尺九分弱) 反り:1.6 元幅:3.13
先幅:2.30 元重ね:0.78 先重ね:0.58 穴1




 鎬造り、鎬庵棟高め、中切っ先。 鍛え、板目肌良く詰み、所々流れ心に上品に肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に、丁子、小互の目、箱掛かった刃を交え、刃沸強く、刃縁に沿って沸筋立ち、刃中互の目足、葉繁く入り、匂い口締まり気味となる。 帽子、湾れ調で焼き深く小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧大筋違い。 銅に銀鍍金ハバキ。 研ぎ上がり。 新白鞘入り。
 二鐶吊海軍軍刀拵え(全長・93.5、柄・24.5焦げ茶糸巻き 金具、真鍮地銀仕上げ桜花図 目貫、真鍮地金色絵桜花図 鐔、真鍮地銀仕上げ卵形図 四枚切羽 鞘、黒研出鮫皮巻き木鞘 黒塗り藍鮫研ぎ出し 猿手有り 刀緒欠)付き。



【コメント】
 繁継は笠間義一と言い、明治十九年、静岡生まれ、伯父宮口一貫斎繁寿、森岡正吉に鍛刀を学びました。後に東京へ出て栗原彦三郎昭秀主催の日本刀鍛錬所の師範を務め、多くの門人を指導、昭和十年、東京渋谷の頭山満邸内に設けられた常盤松刀剣研究所の主任刀匠となりました。その後も宮内省御刀係を拝命するなど、月山貞勝や堀井俊秀らとその後の現代刀剣界の礎を築いた刀匠であり、元帥刀作者としても有名です。元帥刀製作の御命賜ったのは、月山貞勝、森岡正吉、笠間一貫斎繁継、堀井秀明(俊秀)の四名のみです。昭和四十年、七十九歳にて没。
 作風は、相伝備前の互の目乱れを得意とし、備前伝丁子刃、大和伝直刃もあり、彫り物は現代刀匠随一と言われるほど上手です。
 本作は昭和十四年、同工五十三歳の頃、茎銘文にもあるように、前述した頭山満邸内にて鍛刀された一振りです。
 頭山満は、明治から昭和前期に掛けて活動した国家主義運動家です。欧米列強の脅威の排除、アジア各国の独立を支援など、いわゆるアジア主義者の巨頭で、これらの活動を推し進めていた『玄洋社』総帥であり、鉱山経営など実業家としても名高い人物です。
 本作は互の目乱れを主体に、丁子、小互の目、箱掛かった刃を交えて焼いており、刃沸強く、刃縁に沿って沸筋立つなど、得意の相伝備前の作域を示した同工自信作です。
 外装は昭和十二年~終戦まで作られた海軍士官用新軍刀拵え、いわゆる海軍太刀型外装で、黒研出鮫皮巻きの木鞘、切羽は四枚(旭日大切羽、金の縦刻み各二枚)、鐔、切羽、縁等にある通し番号は『5』、金具類には多少のスレ感はありますが、鞘は凹み等なく綺麗だと思います。
 ちなみに同年六月、同邸内にて鍛刀された刀の一振りが、ドイツのヒトラー総統へ贈呈されたのは有名な話。茎に『独逸国総統ヒットラー閣下献進之』と刻まれています。
 笠間一貫斎繁継による頭山邸内打ちの貴重な現存作であり、昭和初期、欧米列強の脅威に立ち向かっていた頃の勇ましい日本を象徴する一振りです。オリジナルの海軍拵え付属、研ぎ上がりで地刃もビシッと冴えており、白鞘、つなぎも新調してあります。至れり尽くせりの逸品です。










【商談中】商品番号:M-565 刀 於頭山満翁邸内笠間一貫斎繁継作 海軍軍刀拵え付き

価格: ¥698,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ