小刀 青雲万里 臥牛山下 恒平作
(せいうんばんりがぎゅうさんかつねひらつくる)
昭和五十八年十月 仙寿彫之


Kogatana:Seiunbanri Gagyusanka Tsunehira



現代・山形
無鑑査刀匠




刃長:20.6(六寸八分弱) 反り:僅かに内反り 元幅:2.13 元重ね:0.44 穴なし



 片側平造り、丸棟尋常。 宝珠に昇り龍の彫り。 鍛え、小板目沈み勝ちに詰み、繊細な地景を交え、地鉄概ね精良。 刃文、匂い勝ちな互の目乱れを主体とし、刃中互の目足入り、匂い口沈み勝ちに締まる。 帽子、湾れ込んで先僅かに掃き掛け長く返り、棟寄りを細直刃調に棟区まで焼き下げる。 茎生ぶ、先栗尻、鑢逆筋違い。 金無垢ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
 恒平は、上林(かんばやし)勇二と言い、昭和二十四年、現在の山形県鶴岡市に生まれ、昭和四十二年、宮入昭平の門人となり、昭和五十一年に独立すると、以後、文化庁長官賞四回、高松宮賞二回、薫山賞等々多くの受賞を果たしました。昭和六十年に無鑑査、翌六十一年には山形市長谷堂に鍛刀場を開設、平成二十年、山形県の無形文化財保持者に認定されました。
 師が得意とした相州伝を基本に、その他様々な古名刀の写しも意欲的に行い、『現代刀職展』には毎年無鑑査出品を続ける名工です。彫り物も巧みで、彫金の技は無鑑査柳村仙寿に学んでいます。
本作は昭和五十八年、同工三十四歳の頃の作、寸法六寸八分弱、造り込みとしては小刀ですが、短刀サイズの入念作、勿論登録証も付いています。
 ふっくらと華やかな互の目乱れを焼いており、表の宝珠と昇り龍は、柳村仙寿の作です。仙寿は現代刀身彫刻の最高峰と呼ばれる名人、平成七年に岡山県の重要無形文化財、同九年には無鑑査に認定されましたが、平成三十年四月、七十三歳で亡くなっています。
 うねるような躍動感のある龍の体、背びれ、鱗一枚一枚に立体感を出して巧みに彫っています。茎銘は仙寿特有のすくい鏨銘です。
 刀身に刻まれた『青雲万里(せいうんばんり)』とは、『果てしなく高く、果てしなく遠い。』の意、一朝一夕では辿り着かない高い目標のことであり、同工の座右の銘です。
 『臥牛山下(がぎゅうさんか)』とありますが、臥牛山は、岡山県高梁(たかはし)市にある四つの山からなる山岳、岡山県百名山の一つで、日本三大山城である備中松山城(復元)があります。そんな岡山の名山の麓にて仙寿が彫り物を入れたという意であり、合作を意味しています。
 今では二度と手に入らない無鑑査二人の合作刀、ズシンとくるハバキは金無垢、同時期に作られた#632とは同じ山形県登録の連番になっています。
 これは絶対に見過ごせない逸品です。








商品番号:M-631 小刀 青雲万里 臥牛山下 恒平作 無鑑査刀匠

価格: ¥420,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ