刀 阿州海部住氏吉(生ぶ茎無銘)
(あしゅうかいふじゅううじよし)


Katana:Asyu Kaifuju Ujiyoshi



新々刀・阿波 江戸末期
拵え付き
保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:76.6(二尺五寸三分弱) 反り:1.4 元幅:3.62
先幅:2.42 元重ね:1.02 先重ね:0.71 穴1




 鎬造り、鎬高く庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目肌総体的に良く詰み、所々上品に肌立ち、地景入り、地沸良く付き、地鉄概ね精良。 刃文、直湾れ調でほつれ交じり、刃縁沸匂い良く付き、刃中小足、葉が頻りに入り、匂い口明るい。 帽子、直調で沸付き、先掃き掛け深く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢切り。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。 
 薩摩拵え(幕末期 全長105センチ 鞘 茶変わり塗り石目地に銀の十字紋据え こじり鉄地無模様 鯉口、栗型角 下げ緒黒 柄 鮫に緑柄巻き 縁頭、鉄地据え紋銀象嵌薩摩十字紋図 目貫、鉄地、金棒図 鍔 鉄研磨地長丸形、鋤出彫、毛彫、小透、赤銅覆輪 山に猛禽図 薩摩鍔)付き。



【コメント】
 阿波の海部一派は、南北朝後期の海部太郎氏吉を初祖とし、特に戦国期に活躍、一派には泰吉、氏次、師久、房吉らがおり、棟梁格である氏吉の名跡は幕末まで続いています。また氏吉には『岩切海部』と号された刀も残されている程、その凄まじい斬れ味にも定評があります。
 本作は生ぶ茎無銘、探山先生鞘書きには『阿州海部住氏吉・時代文久頃』、鑑定でも『新々刀阿州氏吉』と極めています。
 寸法二尺五寸三分弱、身幅3.62㎝、重ね1.02㎝、ガシッとしてズシンとくる豪刀です。
 板目肌が総体的に良く詰んだ地鉄、直湾れ調の明るい刃は、ほつれ交じりで刃中小足、葉が頻りに入っています。
 肥前刀や越前新刀のような直刃調の刃を焼きながら、仔細に見ると所々箱掛かった節心の刃が交じり、帽子の返りが長いなど、随所に海部らしい特徴が明示された一振り、その中で特に地刃の出来、状態が良いため、個銘まで極められたものと考えられます。
 外装は幕末期の薩摩拵え、丸に十字の島津紋を銀で据えるなど、渋くて格好良い作です。 
 薩摩と言えば示現流、神技とも言われる早抜きから繰り出される全身全霊を掛けた一の太刀、その凄まじい衝撃は受けた刀ごと頭を割られるとも云います。
 正に一撃必殺の剣術、本作も刀身のみで1,198g、鞘を払って1,504g、これで打ち込まれたら一溜まりもないでしょう。
 幕末期を感じさせる迫力ある刀身、生ぶの拵え、全て当時のままの状態で残されていることは大変貴重です。圧倒的破壊力を秘めた海部氏吉、これ正に完全無欠の刀です。  







 








商品番号:M-640 刀 阿州海部住氏吉(生ぶ茎無銘) 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 探山先生鞘書き有り 

価格: ¥630,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ