刀 (太刀銘)一肥前国出羽守行廣(初代)
(ひぜんのくにでわのかみゆきひろ)


Katana:Hizennokuni Dewanokami Yukihiro



新刀・肥前 江戸前期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:64.0(二尺一寸一分強) 反り:1.0 元幅:2.99
先幅:1.88 元重ね:0.68 先重ね:0.46 穴1



 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目肌良く詰み、細かな地景繁く入り、地沸微塵に厚く付き、地鉄概ね精良。 刃文、互の目丁子乱れを主体に、湾れ、小互の目を交え、刃縁の沸匂い一際深く、刃中金筋、砂流し掛かり、匂い口明るく冴える。 帽子、湾れ込んで先掃き掛け僅かに返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢大筋違い。 銅に銀着せ金鍍金ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 初代行廣は、元和三年生まれ、初代忠吉の孫、初代河内大掾正廣の弟に当たり、正保五年に出羽大掾受領、慶安三年には長崎に赴いて阿蘭陀(オランダ)鍛えを学びました。阿蘭陀鍛えとは、十七世紀になって日本に輸入されるようになった南蛮鉄を使用した鍛錬法のことで、以後茎には『以阿蘭陀鍛作』などと添える場合があります。寛文三年に出羽守を受領、天和二年、六十六歳没。
 活躍期は正保から延宝頃まで、古作一文字に範を取った華やかな丁子乱れは、『肥前一文字』と称され、茎には『一』を添えた銘もあります。伝統の肥前直刃も焼きますが、乱れ刃の作が多く残されています。
 本作は二尺一寸一分強、反り浅めに付いた典型的な寛文新刀、この寸法はいわゆる大小揃いの大の方として作られた注文打ちの入念作です。しなやかで上品な一振りですが、地刃健全で美しい優品です。
 細かな地景交じる綺麗な小糠肌に、互の目丁子乱れを主体とした華やかで明るい刃を焼いており、刃中も金筋、砂流し掛かるなど、地刃良く冴えています。特別保存までは全く問題ないでしょう。
 決して豪壮な作ではありませんが、注文打ちの会心作、『肥前一文字』、初代行廣の典型作優品です。
















【売約済】 商品番号:M-689 刀 (太刀銘)一肥前国出羽守行廣(初代) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ