花刀(花鉈) (刀身銘)弄花香衣満 越後国義光作
(えちごのくによしみつつくる)
為島倉勇吉氏 昭和六十二年八月


Hanagatana:EchigonokuniYoshimitsu



現代・東京
無鑑査刀匠




刃長:15.6(五寸一分強) 反り:僅か 元幅:2.80 元重ね:0.55 穴1



 片刃造り、平棟低い。 鍛え、細やかに上品な肌立ちを見せる小板目肌は、地沸を厚く付け地鉄精良。 刃文、腰開き気味の重花丁字を焼き、匂い口明るく締まって冴える。 帽子、湾れ込んで烈しく沸付き、先掃き掛け長く返り、棟寄りを棟区まで焼き下げる。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅ハバキ(刃側銅磨き地、棟側に金磨き地を着せる)。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 義光は、大野三男と言い、昭和二十三年、現在の新潟市西区大野町に生まれました。昭和四十四年、吉原義人門下に入り、昭和五十一年に独立して地元黒埼町に鍛刀場を設立、昭和五十二年、結婚を機に吉川姓となり、東京に移住しました。この年から昭和六十二年まで、新作名刀展に於いて、高松宮賞五回始め毎年受賞、昭和六十二年六月、無鑑査に認定されました。
 丁子刃の美しさに於いては他の追随を許さず、世上、『大野丁子』と呼称されます。また国宝『山鳥毛』写しを始めとした、備前古名刀写しを次々と世に送り出す、昭和、平成を代表する名工です。
 本作は昭和六十二年八月、同工三十九歳の頃に当たり、無鑑査認定直後の作であることが分かります。いわゆる花刀(花鉈)と呼ばれる特殊な形状の短刀で、本作のように特注品か、或いは刀剣製作の余技として作られるような珍品の部類に入るかと思われます。新々刀期では大慶直胤、月山貞一、中山一貫斎義弘などに現存作があります。
 上品な肌立ちを見せる小板目肌は、平地中央に直調の白け心があり、腰開き気味の重花丁子刃は、刃中匂い深く、飛び焼きを交え、匂い口明るく締まっています。同工の真骨頂と言える『大野丁子』を放胆に焼いており、地刃も冴え渡っています。帽子の返りは長く細く、棟寄りを棟区まで焼き下げています。
 刀身に刻まれた『弄花香衣満』は、『花を弄(ろう)すれば香り衣に満(みつ)』と読み、唐時代の詩人、于良史(うりょうし)の『春山夜月』にある一節です。いわゆる禅語で、『花と戯れていると、その香りが衣服に移っていつまでもその芳香を楽しむことが出来る。花の香りを仏の教えとするならば、それに触れれば、自ずと仏の教えに包まれる。仏と自分はそれぞれ別々のものでありながら、一体となる無我の境地』の意。ある種これもお守り短刀と言えるでしょう。
 花刀は通常余技的な意味合いが強く、正直出来の良くない物が多いのですが、ハバキ等を見ても手の込んだお洒落な仕上げになっていることからも分かるように、本作はむしろ入念作、やはり注文打ちだけに丹精込めて作ってあります。
 無鑑査大野義光のこういうものは特に珍しいので、必ず押さえて下さい。










商品番号:M-693 花刀(花鉈) (刀身銘)弄花香衣満 越後国義光作 無鑑査刀匠

価格: ¥520,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ