刀 (太刀銘)肥前国出羽大掾藤原行廣刀 
(ひぜんのくにでわだいじょうふじわらのゆきひろ)


Katana:Hizennokuni Dewadaijo Fujiwarano Yukihiro



新刀・肥前 江戸前期
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:75.1(二尺四寸八分強) 反り:1.6 元幅:3.02
先幅:1.83 元重ね:0.72 先重ね:0.46 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、やや小切っ先。 鍛え、小板目詰んで細かな地景交じり、地沸微塵に厚く付き、地鉄概ね精良。 刃文、互の目乱れを主体とし、頭の丸い互の目、角張った刃を交えて所々腰開き気味となり、刃縁の沸匂い深く、刃中美しい金筋、砂流し掛かって明るく冴える。 帽子、直調で沸匂い深くほつれ、先掃き掛け返り長い。 茎生ぶ、先栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(現代作 全長104センチ 柄長23.7センチ 鞘 赤茶の呂塗り 返り角、こじり、鯉口、栗型、黒塗り 笄、素銅魚子地無模様 柄 親鮫に焦げ茶柄巻き 縁頭、赤銅地容彫色絵、水辺に鳥の図 鍔 素銅地あおり形鋤出彫、土手耳、菊花図、裏は桐の図)付き。



【コメント】
 初代行廣は、元和三年生まれ、初代忠吉の孫、初代河内大掾正廣の弟に当たり、正保五年に『出羽大掾』受領、慶安三年には長崎に赴いて阿蘭陀(オランダ)鍛えを学びました。阿蘭陀鍛えとは、十七世紀になって日本に輸入されるようになった南蛮鉄を使用した鍛錬法のことで、以後茎には『以阿蘭陀鍛作』などと添える場合があります。寛文三年に『出羽守』を受領、天和二年、六十六歳没。
 活躍期は正保から延宝頃まで、古作一文字に範を取った華やかな丁子乱れは、『肥前一文字』と称され、茎には『一』を添えた銘もあります。伝統の肥前直刃も焼きますが、乱れ刃の作が多く残されています。
 本作は寸法二尺四寸八分強、しなやかで上品なスタイルながら、しっかりとした重量感からも分かるように、地刃はすこぶる健全、特注品の入念作です。
 年紀はありませんが、その銘振りからも分かるように『出羽大掾』を冠した同工前期作、おそらくは明暦、万治頃と鑑せられます。
 小板目詰んで細かな地景交じる綺麗な小糠肌に、互の目乱れを主体とした焼き刃は、頭の丸い互の目、角張った刃を交えて所々腰開き気味となり、刃縁の沸匂い深く、刃中美しい金筋、砂流しが掛かっています。
 壮年期らしく覇気溢れる華やかで明るい焼き刃は、スカッと冴えて大変見応えがあります。
 同工前期の代表作と言っても過言ではない、気持ちの良い行廣です。


















商品番号:M-718 刀 (太刀銘)肥前国出羽大掾藤原行廣(初代) 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,200,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年2月号
(1
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ