刀 雲州住貞永作之
(うんしゅうじゅうさだながこれをつくる)
平成十六年二月日


Katana:Unsyuju Sadanaga



現代・島根
拵え入り(替え鞘有り)




刃長:74.0(二尺四寸四分強) 反り:1.7 元幅:3.37
先幅:2.36 元重ね:0.64 先重ね:0.47 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、小板目肌良く詰み、所々大模様に流れ、地沸微塵に厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目丁子乱れを主体とし、小丁子、尖り風の刃を交え、刃縁匂い深く明るい。 帽子、湾れ調で小丸に返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢化粧筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨。
 打ち刀拵え(現代作 全長105.5センチ 柄長25.5センチ 鞘 柄下16センチ一分刻み黒呂塗り、その下は黒石目塗り 下げ緒黒に紺の斑 柄 鮫に黒表革柄巻き 縁頭、赤銅石目地、桜図 目貫、素銅地金鍍金、龍図 鍔 鉄地菊花形透かし 新品同様の替え鞘有り 黒乾漆石目鞘 下げ緒黒)入り。



【コメント】
 貞永は、小林力夫と言い、昭和二十七年生まれ、鉄山子と号し、兄に貞法、貞照を持つ、小林三兄弟の末弟で、師である父貞善は、帝室技芸員月山貞一、川島忠善(初代)の門人に当たります。各賞入選歴多数の島根の名工で、備前伝丁子刃を得意とします。
 本作は平成十六年、同工五十二歳の頃の作、寸法二尺四寸四分強、寸法、身幅の割に重ねの厚みをグッと押さえてあり、樋も入れていますので、鞘を払って972gです。出来は得意の備前伝、古作一文字を思わせる互の目丁子乱れ主体の刃を匂い深く明るく焼いています。鑑賞用でも楽しめる出来映えです。新品同様の替え鞘まで付いた、雲州住鉄山子貞永の即戦力居合い刀です。










商品番号:M-737 刀 雲州住貞永作之 拵え入り(替え鞘有り)

価格: ¥450,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ