刀 肥後同田貫宗廣作
(ひごどうたぬきむねひろつくる)
元治元年八月日(一八六四年)
応佐藤信将需 生胴大袈裟没土壇


Katana:Higo Doutanuki Munehiro



新々刀・肥後 江戸末期
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.3(二尺三寸二分) 反り:1.6 元幅:3.21
先幅:2.00 元重ね:0.82 先重ね:0.50 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先。 表裏棒樋ハバキ下で丸留める。 鍛え、板目所々流れ心に肌立ち、地沸微塵に厚く付き、地鉄良好。 刃文、ゆったりとした湾れ基調で、刃縁沸匂い良く付き、刃中葉、小足入り、繊細な金筋掛かって、匂い口潤むように明るい。 帽子、直調で先大丸風に僅かに返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨(細かなヒケ有り)。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(幕末期 全長101センチ 鞘 黒石目に僅かに青貝散らし鞘 こじり、鉄地鍬形毛彫、金布目象嵌 折鶴図 鯉口、栗型は角 下げ緒、紫の麻 馬針欠 柄 親鮫に黒革柄巻き 縁頭、銀地鋤下、鋤出彫、波に折鶴図 鍔 鉄地木瓜形小透、象嵌痕あり、銀覆輪 太刀透図 拵え用銅に金着ハバキ有り)付き。



【コメント】
 宗廣は、小山延寿太郎と称し、肥後延寿鍛冶の末流である同田貫一門の代表工、同田貫正国(上野介)から数えて十代目に当たる嫡系の刀工です。
 寛政十三年、大和守正勝の嫡子として生まれ、文政元年、肥後細川藩重臣で、水心子正秀門人の刀匠でもあった沼田有宗(直宗)に学びました。後に有宗に従って江戸へ出て晩年の正秀にも学んだと云います。
作は天保の初年頃から明治四年まで見られ、同年七十一歳没。
 作風は、古延寿風の細直刃、湾れ、互の目丁子乱れ、尖り風互の目などが多く、また斬れ味鋭いことでも有名です。
 本作は元治元年、同工六十四歳の頃の円熟期に於ける注文打ちの入念作、加えて凄まじい斬れ味を誇る最強の同田貫刀です。
 寸法二尺三寸二分、元は身幅、重ねガシッとして、先に向かってしなやかになる太刀風の造り込みを示しています。
 ゆったりとした湾れ基調の焼き刃は、刃中葉、小足入り、繊細な金筋掛かって、匂い口は潤むように明るい出来で、地鉄も総体的に良く詰んで、地色明るく、地刃健やかです。
 茎裏には『生胴大袈裟没土壇』と截断切付銘がありますが、『生胴(いきどう)』とは、江戸期に行われた処刑方法のこと。通常は生きたまま目隠しした罪人を土壇の上にうつ伏せに固定し、二人の斬り手が首と腹を同時に斬りますが、本刀は『大袈裟』となっていますので、右肩から左のおしりへ向かって一直線に斬り下げたことを意味しています。袈裟とは僧侶の衣服(法衣)であり、肩から反対の脇へ斜めに掛けた長方形の布のこと。つまりは大袈裟を斬り落としてもなお、勢い余って下の土壇に埋まる程の凄まじ斬れ味であったことを示しています。
 古来より『折れず、曲がらず、良く斬れる同田貫』と評されますが、本刀は正にそれを実証した最上の斬れ味を誇る一振り、本刀には新々刀最上大業物の称号を与えても良いでしょう。同田貫刀に截断銘入りとなれば鬼に金棒です。 
 寸法充分で地刃も健全、幕末の人気刀工故に偽物も多いですが、本作は特別保存鑑定書も付いて、古い登録証は、昭和二十六年の東京登録、幕末当時の渋い外装も付属しています。
 身震いする程の斬れ味を誇る同田貫宗廣の会心作です。




















商品番号:M-753 刀 肥後同田貫宗廣作 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,550,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年新年号
(12
/20発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ