刀 兼春(無銘)
(かねはる)


Katana:Kaneharu(Mumei)



古刀・美濃 室町最末期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:76.4(二尺五寸二分強) 反り:2.2 元幅:3.23
先幅:2.26 元重ね:0.74 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 鍛え、板目が流れ心に肌立ち、地景良く入り、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に、小互の目、角張った刃、尖り風の刃を交えて 刃中金筋、砂流し掛かり、刃縁沸匂い良く付いて明るく締まり気味となる。 帽子、湾れ込んで焼き深く、先強く掃き掛け返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢檜垣。 銀ハバキ(傷み有り)。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 本作は生ぶ茎無銘、寸法二尺五寸二分強、身幅、重ねしっかりとしてズシッとくる長尺古刀、室町最末期の作と鑑せられ、鑑定では『美濃関兼春』と極まっています。
 兼春は関七流三阿弥派の代表工、初代を長禄頃とし、以降天正頃まで同銘が数代に及び、三河や加賀にも移住しています。本作は永禄、天正頃の兼春でしょう。
 互の目乱れを主体に、小互の目、角張った刃、尖り風の刃を交え、明るく締まり気味の刃を焼いており、所々刃が腰開きとなるなど、末備前風を思わせる出来です。兼春にはこういう出来が多く、地に少し鍛えがありますが、『末関』ではなく個銘まで極めている点で状態の良さがお分かり頂けるかと思います。
 棟から鎬地に掛けて受け疵が複数あります。戦国時代最末期の実戦刀として活躍した三阿弥兼春の力感溢れる長尺刀です。












【売約済】商品番号:M-822 刀 兼春(無銘) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年2月号
(1
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ