刀 土佐国四万十川辺住佐竹則親謹作之
(とさのくにしまんとのかわべじゅう
さたけのりちかこれをつつしんでつくる)
平成十二年昇竜三月吉日 ○○家重代


Katana:Tosanokuni Shimantono Kawabeju Satake Norichika



現代・高知



刃長:76.6(二尺五寸三分弱) 反り:2.9 元幅:3.41
先幅:2.49 元重ね:0.79 先重ね:0.55 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先猪首風にやや詰まる。 表裏棒樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、小板目肌沈み勝ちに良く詰み、所々流れ肌細かく肌立ち、地景を配して地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、匂い勝ちの華やかな丁子乱れを主体とし、小丁子、重花丁子、大房丁子を交えて刃縁明るく締まり、刃中丁子足繁く入る。 帽子、湾れ込んで焼き深く、先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銀二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 則親は佐竹勝則と言い、昭和三十年生まれ、高知県四万十市古尾(こび)にて鍛刀する名工で、同じ高知出身の靖国刀匠、刈谷直秀の門人です。
 作風は、終始一貫して備前伝、匂い勝ちに締まった柔らかで華やかな丁子乱れは、『佐竹丁子』と呼ばれ、近年では数少ない備前伝の追求者であることから、『土佐一文字』とも呼ばれる名工ですが、ここ数年は中々新作刀が出回らないため、出た時は必ず押さえたい刀工です。
 本作は平成十二年(西暦二〇〇〇年)、いわゆるミレニアムイヤーの作、同工四十五歳の頃で、その真骨頂である備前一文字の華やかな丁子刃を再現した会心の一振りです。
 寸法二尺五寸三分弱、反り深く、切っ先猪首風にやや詰まった姿は、鎌倉中期の雄渾な太刀姿を存分に示しています。
 小板目肌が沈み勝ちに良く詰み、所々流れ肌が細かく肌立った地鉄、匂い勝ちの華やかな丁子乱れを主体とした刃文は、小丁子、重花丁子、大房丁子を交えて刃縁明るく締まり、刃中丁子足が繁く入っています。
 品のある華やかさを備えた究極の佐竹丁子が、此処に極まった感があります。
 流石は注文打ちによる入念作は違います。『土佐一文字』の名に恥じない、渾身の備前一文字写しです。








【売約済】商品番号:M-825 刀 土佐国四万十川辺住佐竹則親謹作之

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ