脇差し (菊紋)丹波守吉道(京三代)
(たんばのかみよしみち)
寛文五年二月吉日(一六六五年)


Wakizashi:Tanbanokami Yoshimichi



新刀・山城 江戸前期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:50.8(一尺六寸八分弱) 反り:1.2 元幅:3.39
先幅:2.92 元重ね:0.75 先重ね:0.60 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、大切っ先。 鍛え、小板目肌良く詰み地沸え付き地鉄良好。 刃文、大湾れに互の目調の刃取りで、刃中直湾れ調に小互の目心の刃を焼き、小足、葉良く入り、刃縁に沿って丸く小さな刃文が帯状に連なって簾刃を形成し明るく冴える。 帽子、小乱れて小丸に深く返る。 茎生ぶ、先浅い剣形、鑢大筋違い。 銅ハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。  



【コメント】
 三品丹波守吉道一派は、京初代を筆頭に、後に大阪にも分派して新々刀期まで大いに繁栄した一大派閥です。京初代が創始し、二代以降に完成を見た簾刃は、同派特有の相州伝の代名詞であり、『吉道=簾刃』が連想される程、一般的に良く認知されています。
 本工は鑑定書にも但し書きがあるように京三代、三品徳左衛門と言い、京二代の次男と伝わっています。寛文二年に『丹波守』を受領、家伝の簾刃や菊水刃を華やかに焼き、京丹波中の名工と言われましたが、短命であったため、作品は僅少です。
 本作は寸法一尺六寸八分弱、グーッと延びた切っ先は12㎝、元幅3.39、先幅2.92で重ねもガシッとした何とも豪壮な一振りです。
 小板目に流れ肌を交えた地鉄は良く詰み、焼き刃は大湾れに互の目調の刃取りで、刃中直湾れ調に小互の目心の刃を焼き、刃縁に沿って丸く小さな刃文が帯状に連なり、それらが重なり合って簾刃を形成、特に物打ちから切っ先に掛けてはそれが顕著に見て取れます。
 地刃に僅かに鍛えがありますが、地刃共に明るく冴えた希少な京三代の現存作、この豪快なスタイルに寛文年紀まで入っています。これはお薦めです。














【売約済】商品番号:M-832 脇差し (菊紋)丹波守吉道(京三代) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年2月号
(1
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ