刀 肥前国源宗次(伊予掾宗次)
(ひぜんのくにみなもとのむねつぐ)


Katana:Hizennokuni Minaotono Munetsugu



新刀・肥前 江戸初期
拵え入り
特別保存鑑定書付き




刃長:72.1(二尺三寸八分) 反り:1.2 元幅:2.95
先幅:1.90 元重ね:0.65 先重ね:0.51 穴2




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 表裏二筋樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、小板目に板目、流れ肌交じって所々大模様に肌立ち、地色やや黒み勝ちで、細かな地景入り、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れ調で、小互の目交じり、横手下で大きく乱れ、刃縁良く沸付いて匂い深く、刃中繊細な金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで沸匂い深く、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銀二重ハバキ。 時代研磨。 
 打ち刀拵え(幕末期作 全長106センチ 柄長28センチ 鞘 黒石目に螺鈿散らし、こじり、赤銅地鋤出彫、縁に金象嵌、桐の図 柄 親鮫に黒柄巻き 縁頭、こじりと同作 目貫、金色絵獅子の図 鍔 太刀鍔 木製に黒漆塗り、大切羽、真鍮地毛彫、唐草に丸に一の角字家紋の図)入り。



【コメント】
 伊予掾宗次は、堺三右衛門と称し、代々長瀬村(初代忠吉の出身地)の天満宮にて、神職を務めた家柄で、初代忠吉と並ぶ新刀肥前鍛冶の幕開けを飾った名工です。後に佐賀城下の長瀬町に移住して鍛刀、更に後年、長崎諫早(いさはや)にも移住しています。慶長十一年に伊予掾を受領、寛永九年に二代へ家督を譲りました。その名跡は幕末まで八代に及びます。
 作風は、肥前刀工にあってはやや特異な存在で、地刃良く沸付いた乱れ刃を得意としており、刃中尖り風の刃を交えて金筋、砂流し掛かるなど、志津風の作域を得意とします。また肥前刀一般に帽子が直調で小丸になるのに対して、その大半が乱れ込んだものとなっています。茎仕立ても相州系鍛冶を意識したためか、いわゆるタナゴ腹になるなど、個性が際立っています。
 本作は初代宗次の受領前、慶長十一年以前の作になります。
 良く沸付いた小板目に板目、流れ肌を交えた地鉄は、やや黒み勝ちで、細かな地景入り、湾れ乱れ調の焼き刃は、小互の目交じりで、横手下で大きく乱れ、刃縁良く沸匂い深く付くなど、同工にあっては比較的穏やかな出来です。
 地に少し緩みがありますが、刃は至って健全、地刃の雰囲気も古調で味わい深い作です。
 木製黒漆塗り太刀鍔、真鍮地木瓜形大切羽の付いた幕末期の外装に入っています。
 これまで本誌でも二代は掲載しましたが、初代正真作は初です。意外に偽物が多い初代伊予掾宗次の貴重な現存作です。


















商品番号:M-895 刀 肥前国源宗次(伊予掾宗次) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え入り

価格: ¥880,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年2月号
(1
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ