脇差し 筑州山王住宗勉作
(ちくしゅうさんのうじゅうそうつとむつくる)
平成十一年八月吉日


Wakizashi:Chikusyusannouju Soutsutomu



現代・福岡
拵え付き
無鑑査刀匠




刃長:48.4(一尺六寸弱) 反り:1.3 元幅:3.56
先幅:3.27 元重ね:0.94 先重ね:0.96 穴1




 鎬造り、鎬高く庵棟低め、大切っ先。 表裏薙刀樋に添え樋を掻き通す。 鍛え、地沸微塵に厚く敷いた板目肌は、刃寄り所々流れ肌交じり、地景をふんだんに配し、一部荒沸が凝結して湯走り状を呈し、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体に、多種の刃を交え、刃縁沸匂い厚く付いて明るく冴え、刃中金筋、砂流し烈しく掛かり、一部沸裂け、沸崩れとなる。 帽子、乱れ込んで焼き深く、特に裏は烈しく沸付き先突き上げ心に掃き掛け長く返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 脇差拵え(現代作 全長75センチ 鞘 黒石目鞘に鯉口下部分一分刻みに呂塗り 下げ緒黒 柄 鮫に黒柄巻き 縁頭、素銅石目地金布目象嵌、桐に桜図 目貫、素銅地容彫金色絵、菊の図 小柄、赤銅魚子地据紋象嵌金色絵、海老の図 小刀、宗昌親作 鍔 縁頭、同作同図 こじりも同様)付き。



【コメント】
 宗勉は古城勝と言い、昭和二年生まれ、福岡市博多区山王に住しました。昭和二十一年から、養父の宗正光に師事し、同門の原宗弘、古城宗重らと共に切磋琢磨を続け、昭和三十年には、新作名刀展に初出品、その後文化庁長官賞、薫山賞など数多くの特賞を受賞し、平成二年に無鑑査の認定を受けました。平成二十七年二月、八十八歳没。門下には、子の兼好、昌親(無鑑査)兄弟がおり、その技を継承し、現在も活躍しています。
 また平成に入ってからの宗一門は、業物刀『笹露』を現代に復活させたことで、一躍有名になりました。
 作風は、各伝法をこなしますが、特に相州伝、相伝備前を得意とし、古刀では長義、大志津、左文字、新刀では虎徹の数珠刃、助廣の濤瀾刃、新々刀では清麿写しを得意とします。
 本作は同工七十二歳の頃の作、清麿写しの会心作です。
 寸法一尺六寸弱、13㎝の大切っ先で、元幅3.56㎝、先幅3.27㎝、鎬すこぶる高く、重ねも元先1㎝弱、地刃健全そのものでズシンと重いです。
 南北朝期の豪壮な薙刀の磨り上げ姿を狙った作風は、横手の有無がありますが、本家清麿の真骨頂で数々の名作を残しています。
 沸粒がビッシリと敷き詰められた強靱な鍛えは、一部荒沸が凝結して湯走り状を呈し、互の目乱れを主体とした焼き刃は、丁子風の刃、逆掛かった刃、角張った刃を交え、刃縁の沸匂い厚く付いて明るく冴え、刃中金筋、砂流し烈しく掛かり、一部沸裂け、沸崩れとなるなど、スタイルのみならず、地刃の出来も正に清麿、一見本歌と見紛う程の地刃の鍛錬を見せています。
 付属の外装は勿論オリジナルで、小柄小刀は子の宗昌親(無鑑査)の作です。
 清麿写しに於いて宗勉が最右翼であると確信出来る一振り、円熟期の類い希なる技量を存分に示した渾身の清麿写し、流石は宗勉、上手いです。これは必ず押さえて下さい。














【売約済】商品番号:M-911 脇差し 筑州山王住宗勉作 無鑑査刀匠 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ