刀 飛騨守藤原氏房
(ひだのかみふじわらのうじふさ)


Katana:Hidanokami Fujiwarano Ujifusa



新刀・尾張 江戸初期 業物
拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:63.2(二尺九分弱) 反り:1.9 元幅:3.19
先幅:2.16 元重ね:0.77 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬庵棟高め、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、板目が総体的に良く詰んだ地鉄は、地色明るく、細かな地景をふんだんに配し、地沸微塵に厚く付き、地鉄精良。 刃文、互の目乱れを主体とし、箱掛かった刃、小互の目、片山風の刃を交え、刃縁良く沸付いて明るく締まり気味、刃中葉、足入る。 帽子、直調で焼き深く、小丸下がり。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(江戸期 全長92センチ 柄長21センチ 鞘 焦げ茶に黒の細かい模様の津軽塗 下げ緒麻の金地茶 柄 親鮫に裏革柄巻き 縁頭赤銅地容彫毛彫点象嵌色絵、海鳥図 目貫、銀地容彫金色絵、獅子図 鍔 鉄槌目地撫木瓜形、鋤出彫金象嵌点象嵌、海辺に海鳥図)付き。



【コメント】
 飛騨守氏房は、永禄十年、若狭守氏房の嫡子として美濃関に生まれました。十一歳で織田信孝(信長の三男)に仕えましたが、信孝自害後は浪人となります。数年後、岐阜で鍛刀していた父若狭守と共に尾張清洲へ移り、天正十六年頃から父の元で本格的に鍛刀を学びました。天正十八年に父が没した後は、初代信高に師事したと伝えています。天正十九年、関白となった豊臣秀次が清洲領主になると、氏房、政常、信高の三名は、京の聚楽第(じゅらくてい)での謁見を許され、この際に各自作刀を献上、翌年五月、再度上洛して氏房は飛騨守、政常は相模守、信高は伯耆守を受領しました。その後、慶長十五年に名古屋城下へ移住、寛永八年、子の備前守氏房に家督を譲り、同年十月、六十五歳で没。
 作風は、身幅広く、反り浅め、鎬高めでガシッとして、切っ先は中切っ先延び心のものが大半で、典型的な慶長新刀姿を示します。
 地鉄は、小板目が良く詰んで地沸が厚く付くもの、板目に杢目が交じって肌が流れ心になるものがあり、刃文は、大互の目乱れで尖り刃交じるもの、湾れに互の目、丁子の交じるもの、直刃調に小湾れ交じるものがあります。 
 活躍期は天正末年から慶長末年頃までとされていますが、年紀作はほとんど見られません。 本作は寸法二尺九分弱、反り深めに付き、身幅、重ねカチッとした地刃健やかな優品、寸法、出来からしても特注の入念作と鑑せられます。
 板目が詰んだ精良な地鉄は、地色明るく、細かな地景をふんだんに配し、互の目乱れを主体とした刃文は、箱掛かった刃、小互の目、片山風の刃を交え、刃縁良く沸付いて明るく締まり気味、鞘は一見黒呂ですが、仔細に見ると、常よりも模様の目が細かい津軽塗り鞘の時代外装は、金具類もとても雰囲気良くまとめてあります。
 地刃健全で疵もない同工会心作、現状は保存鑑定ですが、特別保存までは100%保証、大変良く出来た飛騨守氏房です。




















商品番号:M-914 刀 飛騨守藤原氏房 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥1,200,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ