刀 (太刀銘)(菊紋)一山城守藤原国清
(やましろのかみふじわらのくにきよ)
鍛南蛮鉄剣之


Katana:Yamashironokami Fujiwarano Kiyokuni



新刀・越前 江戸初期 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.3(二尺三寸二分) 反り:1.7 元幅:3.25
先幅:2.50 元重ね:0.65 先重ね:0.51 穴2




 鎬造り、鎬庵棟高め、中切っ先伸び心。 表裏棒樋をハバキ上で角留める。 鍛え、板目肌総体的に流れ心で、所々強く柾掛かって肌立ち、地沸すこぶる強く、地景、湯走り繁く入り、地鉄良好。 刃文、小互の目乱れを主体に、小乱れ、尖り風の刃を交え、刃縁沸付いてやや沈み勝ちとなり、刃中金筋、砂流し、刃縁に沿って細かな飛び焼き、二重刃風の沸筋掛かる。 帽子、直調で大丸風となり、先強く掃き掛けて僅かに返る。 茎生ぶ(先を僅かに摘まむ)、先切り、鑢筋違い。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 上半太刀拵え(幕末期 全長105センチ 鞘 黒に金箔張り鞘 下げ緒卯の花 柄 親鮫に卯の花柄巻き 目貫、赤銅容彫、雨龍図 金具類は全て同図同作 鉄地金布目象嵌、雨龍図 鍔 鉄石目地木瓜形、銀据紋象嵌、唐草図)付き。



【コメント】
 国清は吉右衛門と言い、通説に因ると、本国信州松本で、慶長七年、三代目島田助宗の子として生まれたと云います。初め助宗と銘じ、上京して堀川国広門下に入り、『国清』と改銘、徳川家康の孫に当たる越後高田藩主松平忠昌に仕えました。寛永元年に、忠昌が越前福井藩主となった際に、それに従って越前に移ったとされます。寛永四年に『山城大掾』、翌年には『山城守』を受領、茎に『菊紋』を切ることも許されました。寛文七、八年に没したと云います。
 作は寛永から寛文頃まで、沸出来の中直刃を最も得意とし、稀に互の目乱れもあります。彫りの名人としても名高く、簡素なものから、文字、倶利伽羅、不動明王などの濃厚なものまで、多種に渡ります。
 本作は寸法二尺三寸二分、切っ先グッと伸び心で、元先身幅の差が少なくガシッとしながらも、重ねの尋常なスタイルは、正に南北朝太刀の磨り上げ姿を狙った地刃健全な一振りです。
 板目肌総体的に流れ心で、所々強く柾掛かって肌立ち、地沸すこぶる強く、地景、湯走り繁く入る地鉄、小互の目乱れを主体に、小乱れ、尖り風の刃を交えた焼き刃は、刃縁沸付いてやや沈み勝ちとなり、刃中金筋、砂流し、刃縁に沿って細かな飛び焼き、二重刃風の沸筋が掛かっています。
 茎にも刻してあるように、当時としては大変高価であった南蛮鉄を使用した作刀が国清の真骨頂であり、地刃に独特の味わいを醸し出しています。
 幕末期の半太刀外装と共にお楽しみ下さい。


















【売約済】 商品番号:M-995 刀 (太刀銘)(菊紋)一山城守藤原国清 鍛南蛮鉄剣之 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年6月号
(5
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ