短刀 波平(無銘)
(なみのひら)


Tanto:Naminohira(Mumei)



古刀・薩摩 室町前期 拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:27.0(八寸九分強) 反り:僅かに内反り 元幅:2.02 元重ね:0.71 穴1



 平造り、庵棟低い。 表裏二筋樋ハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目肌総体的に流れて肌立ち、白け映り立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、細直刃調で、刃沸匂い勝ちでやや沈んで締まり気味となり、刃区上で焼き落としとなる。 帽子、直調で先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、鑢勝手下がり。 銀ハバキ。 時代研磨(刃区付近にアタリ有り)。 白鞘入り。
 小さ刀拵え(江戸後期 全長41 鞘 黒の呂鞘 下げ緒、濃紫 柄 鮫に黒柄巻き 縁頭、素銅に金色絵籠目模様図 目貫、金色絵、鈴虫図 鍔 無模様角 香の図刻み切羽)付き。



【コメント】
 波平一派は、平安後期に大和から薩摩国谷山郡波平の地に移住したと伝わる正国を祖とし、以降江戸末期まで九百年余り続いた一大流派です。
 作風は、基本大和伝、柾心のある鍛えに、白け映りの立つ地鉄、波状に綾杉風の肌合いが出る場合もあります。焼きの低い穏やかな直刃を主体とし、ほつれ、打ちのけ、二重刃掛かり、匂い口は潤み勝ちとなります。ただ室町末期頃になると、備前伝、相州伝に影響を受けた乱れ刃も見られるようになります。
 本作は生ぶ無銘ながら、『波平』と極められた短刀、寸法八寸九分強、身幅の割に寸が伸びた重ねの厚いスタイルは、地刃の雰囲気からして、室町前期を下らない頃の作と鑑せられます。
 板目肌が総体的に流れて肌立ち、白け映り立つ地鉄、細直刃調の刃文は、刃沸匂い勝ちでやや沈んで締まり気味となり、刃区上で焼き落としになっています。
 派手さはなく渋い出来ですが、如何にも典型作、時代の小さ刀拵えも付属しています。










商品番号:N-010 短刀 波平(無銘) 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥260,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年6月号
(5
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ