脇差 丹波守吉道(京初代)
(たんばのかみよしみち)


Wakizashi:Tanbanokami Yoshimichi



新刀・山城 江戸初期 良業物
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:41.5(一尺三寸七分弱) 反り:1.1 元幅:3.33 元重ね:0.77 穴1



 平造り、三つ棟低め。 表は腰樋をハバキ下で掻き流し、裏は梵字有り。 鍛え、小板目が総体的に良く詰み、所々流れ肌が強く肌立ち、地沸良く付き、細かな地景を交え、地鉄良好。 刃文、幅広の湾れ調で互の目を交えてやや箱掛かり、一部簾状の刃を交えて 刃縁の沸匂い深く 葉、小足繁く入って明るい。 帽子、直調で沸付き、先掃き掛けて深く返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢筋違い。 赤銅仕上げ銅二重ハバキ(表面に菊水を施す)。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 丹波守吉道(京初代)は、美濃国大兼道の三男に当たり、文禄年中、父、兄伊賀守金道、和泉守来金道、弟越中守正俊と共に京へ移りました。文禄四年に『丹波守』を受領、以後寛永中頃まで作が残っています。年紀作はほぼ皆無に等しく、元和七年紀の脇差しが一振り現存するのみです。子孫、門弟達も分派して幕末まで大いに繁栄、三品鍛冶の名声を高めました。
 特に初代は銘字の『丹』の字が、風を受ける帆の如き形状となることから、『帆掛け丹波』と呼称され珍重されます。
 作風は、その出自である美濃伝を独自に発展させた沸出来の乱れ刃を本位とし、中でも同工創案の『簾刃』は、三品鍛冶の代名詞ともなっていますが、技巧的で絵画的な簾刃の完成を見るのは、後代のことです。
 本作は寸法一尺三寸七分弱、身幅、重ねのしっかりとした勇壮な平脇差しで、典型的な慶長新刀スタイルを示しています。
 小板目が総体的に良く詰み、所々流れ肌が強く肌立ち、細かな地景を交えた地鉄、幅広の湾れ調の刃文は、互の目を交えてやや箱掛かり、一部簾状の刃を交え、刃縁沸匂い深く付いて明るく、刃中葉、小足が繁く入っています。 
 刃中に細かな炭籠りが僅かにありますが、特別保存鑑定が付いて、簾刃の源流が垣間見える同工典型作、『帆掛け丹波』の書体を明瞭に示した銘字も流麗でピシッと決まっています。










商品番号:N-016 脇差 丹波守吉道(京初代) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥950,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年6月号
(5
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ