脇差し 大宮(無銘)
(おおみや)


Wakizashi:Ohmiya



古刀・備前 南北朝中期
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:55.2(一尺八寸二分) 反り:1.0 元幅:2.79
先幅:2.24 元重ね:0.63 先重ね:0.48 穴1




 鎬造り、鎬高く庵棟低い、大切っ先で鋭角となる。 鍛え、小板目に板目交じり、所々肌立って流れ心となり、地沸厚く付き、乱れ映り立ち、地鉄良好。 刃文、互の目丁子乱れを主体とし、多種の刃を交えて、刃縁小沸付いて匂い深く、刃中僅かに金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ調で沸付き、先尖り心に掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 赤銅ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 脇差拵え(幕末期 全長82.5センチ 鞘 斜め刻みに下地金箔を張り、黒茶の模様の変わり塗り鞘 こじり、栗型、鯉口は四分一 下げ緒茶に深緑 柄 親鮫に茶柄巻き 縁頭、四分一無模様 目貫、赤銅容彫色絵、雌雄鹿図 鍔 赤銅研磨地金覆輪)付き。



【コメント】
 備前大宮派は、鎌倉末期、山城国大宮猪熊(現京都市下京区大宮町並びに錦猪熊町付近)の地から備前国へ移住してきた国盛を祖として始まると伝えており、代表工には『盛景』、『盛助』、『盛継』などがいますが、在銘現存作はほとんど見られません。皆『盛』の一字を通字とし、大振りな二字銘を太刀であっても刀銘で切る場合が多く見られます。
 同派の活躍期は、鎌倉末期から南北朝初期頃までと考えられ、その後は長船派に吸収される形になったと考えられます。
 作風は、在銘の場合、小板目肌に地斑風の映り、淡い乱れ映り立つ地鉄、匂い口の明るい穏やかな直刃調の焼き刃に、小互の目、小丁子、小乱れが交じるような出来を本位としていますので、備前物の中でも雲類に近い雰囲気があります。
 ただ無銘極めで『大宮』、『盛景』、『大宮盛景』とある場合は、互の目丁子乱れを主体とした焼き刃で、角張った刃、湾れ、山型の乱れ等を交えて、総体的にやや腰開き気味に焼くなど、在銘品には見られない出来のものが大半です。
 これは近年の重要図譜などにも記載があるように、同じ備前の地で活躍した『大宮盛景』と『長船盛景』が混同されたためと考えられています。
 『長船盛景』は近景、義景の系統で、兼光や長義らと同様に相伝備前鍛冶に区分される刀工ですので、乱れ主体の刃文は納得出来ます。
 本来であれば、本作も『長船盛景』とするべきであり、将来的には表記が訂正されると思われますが、現状は慣例に倣った表記になっています。
 要するに大宮一派の作は、在銘は穏やかな直刃調、無銘極めは相伝備前風の乱れ刃とご理解下さい。
 本作は大磨り上げ無銘ながら『大宮』と極められた脇差し、鋭角の大切っ先で、反りやや浅めに付き、元先身幅の差が少ない姿は、南北朝期特有のスタイルです。
 小板目に板目交じり、所々肌立って流れ心となり、乱れ映り立つ地鉄、互の目丁子乱れを主体とした刃文は、多種の刃を交えて、刃縁小沸付いて匂い深く、刃中僅かに金筋、砂流しが掛かっています。
 幕末期の外装は、金箔を下地に斜め刻みの変わり塗り鞘で、柄巻きは新調しました。
 地刃に少し鍛え肌もありますが、無銘大宮極めの作としては典型、南北朝期を代表する相伝備前鍛冶の佳品です。
















【売約済】商品番号:N-131 脇差し 大宮(無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年8月号
(7
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ