刀 豊前住河野貞光彫同作
(ぶぜんじゅうこうのさだみつほりどうさく)
乙亥年十二月日(平成七年)


Katana:Buzenju Kouno Sadamitsu



現代・福岡
保存刀剣鑑定書付き




刃長:75.8(二尺五寸) 反り:2.2 元幅:3.36
先幅:2.28 元重ね:0.69 先重ね:0.58 穴1




鎬造り、鎬庵棟高め、大切っ先。 表は棒樋と護摩箸と爪、裏は棒樋と旗鉾と蓮台の彫り。 鍛え、やや沈み勝ちに小板目詰み、地沸厚く付き、細かな地景を配し、地鉄良好。 刃文、大互の目乱れを主体に小互の目を交え、刃縁荒沸付いて匂い深く、やや沈み勝ちとなる。 帽子、乱れ込んで先大丸風に返る。 茎生ぶ、先剣形風、鑢化粧大筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。 



【コメント】
 貞光は河野博と言い、昭和二十五年生まれ、福岡県京都(みやこ)郡みやこ町に住しました。初め桜井卍正次系門人であった父国光に学び、後に人間国宝月山貞一門下に入りました。近年では、『今虎徹』とも呼ばれる現代の最上大業物鍛冶、石をも斬り裂くと云うその斬れ味は、特に居合い抜刀愛好家の間で垂涎の的、ここ十数年で、最も有名になった刀匠ですが、平成二十五年、六十三歳で没。未だに人気は衰え知らず、入手困難な現代刀工の筆頭に挙げられる人物です。
 本作は平成七年、同工四十五歳の頃の作、重要文化財指定の名物『山姥斬り』写しです。
 本歌は南北朝期に於ける相伝備前鍛冶の最高峰、長船長義の作です。後に堀川国廣も写しを行った天下の名刀です。
 寸法二尺五寸、大切っ先の豪壮な一振り、やや沈み勝ちに詰んだ綺麗な地鉄、 大互の目乱れを主体に小互の目を交えた焼き刃は、刃縁に大粒の荒沸付いて匂い深く、やや沈み勝ちとなっています。 
 覇気のある華やかな出来映えながら物凄い斬れ味を誇るわけですから、これぞ正に現代の『山姥斬り』と言えるでしょう。
 表裏には棒樋、護摩箸に爪、旗鉾、蓮台の貴重な自身彫りがあり、現在は亡くなっていますので、保存鑑定書もピシッと付いています。
 『今虎徹』、最上大業物鍛冶河野貞光による『山姥斬り』写し、自身の作域の幅を存分に示した意欲作、こういった作は今後益々希少価値が高まっていくと予想されます。このチャンスをお見逃しなく。


















【売約済】商品番号:N-132 刀 豊前住河野貞光彫同作 乙亥年十二月日(平成七年) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ