刀 摂州住国(以下切れ)(池田鬼神丸国重)
(せっしゅうじゅうくにいかきれ)(いけだきじんまるくにしげ)


Katana:Ikeda Kijinmaru Kunishige



新刀・摂津 江戸前期 業物 拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:68.9(二尺二寸七分強) 反り:1.3 元幅:3.18
先幅:2.19 元重ね:0.74 先重ね:0.48 穴3




 鎬造り、鎬高く庵棟低め、中切っ先。 鍛え、板目詰み、地沸微塵に厚く付き、細かな地景繁く入り、地鉄概ね精良。 刃文、広直刃調で腰元に互の目を交えて 刃縁沸付いて匂い深く 刃中葉、小足入る。 帽子、直調で焼き深く、先小丸に返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。 上打ち刀拵え(幕末期作 全長98センチ 鞘 黒と細かな螺鈿散らしの笛鞘 こじり、栗型、鯉口は黒塗り 下げ緒黒 柄 親鮫に焦げ茶柄巻き 縁、赤銅魚子地据紋象嵌色絵、龍図 頭、赤銅魚子地据紋象嵌色絵、鳳凰図 鍔 鉄地堅丸形真鍮据紋象嵌、羽に唐草図)付き。



【コメント】
 国重は長兵衛と言い、本国は備中水田、後に摂津へ出て、中河内こと二代河内守国助門人となり、池田(現大阪府池田市)に住しました。江戸、陸奥、秋田、薩摩でも作刀したと伝えられます。
 活躍期は寛文から天和頃、備中水田派伝統の相州伝を継承した烈しい互の目乱れ、中河内風の丁子刃、稀に直刃も見られます。
 銘は『摂州住国重』、『鬼神丸国重』、『池田鬼神丸国重』、『池田鬼神丸不動国重』などと切ります。
 業物刀としても有名な上、『鬼神丸』の号が、荒々しく、猛々しいイメージを抱かせるため、大変人気の高い刀工ですが、加えて斎藤一の愛刀であったことが、その人気に更なる拍車を掛けました。
 斎藤一は、新撰組では局長近藤勇、副長土方歳三に次ぐ副長助勤を務めた他、三番隊隊長、撃剣師範も務めた沖田総司と並び立つ剣客です。
 本作は寸法二尺二寸七分強、反りやや浅めに付いた寛文新刀、身幅もしっかりとした地刃すこぶる健全な一振りです。
 『摂州住国』で以下切れになっていますが、その銘振りからしても鬼神丸国重に間違いなく、鑑定書の但し書きにも『鬼神丸国重』とあります。
 板目の詰んだ綺麗な地鉄は、地沸をびっしりと厚く敷き詰め、細かな地景が繁く入り、広直刃調の焼き刃は、表裏腰元に一ヶ所節刃の如く互の目を交え、刃中葉、小足が入っています。地の表面がチリチリする程地沸が強く、穏やかな刃調ですが、刃に深みがあります。
 元治元年六月五日、新撰組が、京都三条木屋町の旅館、池田屋に潜伏していた長州、土佐藩などの尊王攘夷派志士を襲撃したかの有名な池田屋事件。『洛陽動乱』とも呼ばれたこの襲撃により、御所焼き討ち等の計画を未然に防いだ新撰組の名は天下に響き渡りました。
 斎藤は土方隊に属し、愛刀の鬼神丸国重で烈しく交戦しましたが、刀のダメージは、僅かな刃こぼれのみであったと伝えられています。
 幕末期の良い外装も付属した見逃せない逸品、斉藤一が惚れ込んだその斬れ味、強靱な地刃、正に鬼神の如く勇ましい国重です。


















商品番号:N-136 刀 摂州住国(以下切れ)(池田鬼神丸国重) 拵え付き 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥980,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年8月号
(7
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ