刀 (太刀銘)奥大和守平朝臣元平
(おくやまとのかみたいらのあそんもとひら)
七十九歳 文政五年秋(一八二二)


Katana:Jousyu Mitoju Bandou Tarou Bakusei Nyudo Bakuden



新々刀・薩摩 江戸後期 拵え付き
柳生家臣藤田直明用刀
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:70.0(二尺三寸一分) 反り:1.7 元幅:3.07
先幅:2.18 元重ね:0.72 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、小板目肌良く詰み、地色明るく、地沸良く付き、地景入り、地鉄概ね精良。 刃文、直湾れ調で、刃縁小沸付いて匂いすこぶる深く、刃中小丁子、小互の目足繁く入る。 帽子、湾れ調で沸匂い深く、先掃き掛けて大丸風に返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(幕末期 全長99センチ 鞘 黒と朱の斑塗り こじり、返り角、栗型、鯉口は黒塗り 下げ緒黒 柄 親鮫に茶模様裏革柄巻き 縁頭、赤銅魚子地、小縁に金象嵌無模様 目貫、赤銅容彫色絵剣巻き龍図 鍔 赤銅地鋤出彫、同覆輪、唐草模様図)付き。



【コメント】
 元平は孝左衛門と言い、延享元年、奥元直の長男として生まれました。父に鍛刀を学び、安永六年に家督を相続、天明五年頃に薩摩藩工となり、寛政元年には『大和守』を受領、十一歳年上の伯耆守正幸と共に、薩摩新々刀鍛冶の双璧を成した名工です。
 会津元興、備前横山祐平、尾張青木元長等々、全国各地の名工達が元平に学んでいることからも、その名声の高さが伺えます。
 作刀は、明和から文政頃まで見られ、文政九年、八十三歳で没。
 作風は、互の目乱れに小湾れ、尖り風の刃を交えた焼き刃を主体とし、刃縁の匂い深く荒沸付き、金筋、砂流し掛かるなど、相州伝を得意としています。
 銘は、最初『薩陽士元平』、薩摩藩工となった天明五年頃からは『薩藩臣奥元平』、寛政元年の『大和守』受領後は、『奥大和守平朝臣元平』と切る場合が大半です。
 本作は文政五年、茎に刻まれているように同工七十九歳の晩年円熟期の作、 寸法二尺三寸一分、決して豪壮無比な姿ではなく、樋も入っていますが、しっかりとした重量感のある地刃すこぶる健全な一振りです。
 小板目の良く詰んだ綺麗な地鉄は、細かな地景入り、直湾れ調の焼き刃は、刃縁小沸付いて匂いすこぶる深く、刃中小丁子、小互の目足が繁く入っています。特に地鉄の美しさと刃縁の深み、明るさは大きな見所、一見して鉄質の良さが伝わってきます。
 茎には柳生家に仕えた藤田直明の所持刀であった旨が刻まれています。
 柳生藩は、現在の奈良市柳生地区を治めた藩、宗家の江戸柳生家は、代々将軍家の剣術指南役として江戸に常住、初代藩主柳生但馬守宗矩(むねのり)、二代十兵衛三厳、三代宗冬とし、以降幕末明治期まで十三代に渡り、尾張柳生家からは柳生連也斎厳包などを輩出しました。
 柳生新影流、柳生十兵衛、柳生連也斎の名は、一度は耳にしたこともあるかと思います。
 藤田直明は、第十代藩主柳生俊章(としあきら)に仕えた人物で、柳生新影流の使い手であったことは想像に難くありません。
 柳生家重臣の差し料として伝来した奥元平の注文打ち刀、柳生新影流の達人が惚れ込んだ最強の一振りです。












【売約済】商品番号:N-144 刀 (太刀銘)奥大和守平朝臣元平 七十九歳 文政五年秋(一八二二) 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き 探山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年7月号
(6
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ