脇差し 武州住藤原兼永
(ぶしゅうじゅうふじわらのかねなが)


Wakizashi:Busyuju Fujiwarano Kanenaga



新刀・武蔵 江戸前期 拵え付き
特別貴重刀剣認定書付き




刃長:53.8(一尺七寸八分弱) 反り:1.2 元幅:2.99
先幅:2.08 元重ね:0.73 先重ね:0.52 穴1




鎬造り、鎬高く庵棟低い、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、板目、杢目、流れ肌が肌立ち、地沸すこぶる厚く付き、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で、刃沸良く付き、ほつれ、打ちのけ、二重刃掛かって、やや沈み勝ちに締まり気味となり、中小足、葉がふんだんに入る。 帽子、湾れ調で沸付いてほつれ、先大丸風に返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨(刃区に細かなアタリ有り)。 白鞘入り。
脇差拵え(幕末期 全長79 センチ 鞘 黒、灰色、赤黒の斑石目鞘 こじり、鉄地鍬形、金象嵌唐草図 下げ緒、黒に金縫い革 柄 鮫に黒革柄巻き 縁頭、赤銅魚子地容彫色絵、菊花に蟷螂の図 鍔 鉄地撫八ツ木瓜形、毛彫、波の図)付き。  



【コメント】
 本工は『武州住』と切っていますが、本国は美濃関、関七流奈良派の刀工と云われています。寛文頃の刀工で、後に江戸神田へ移住して鍛刀しています。美濃関鍛冶は二字銘が多いため、本作のような長銘は貴重かと思います。
 寸法一尺七寸八分弱、典型的な寛文新刀脇差しで、鎬の高くカチッとした造り込みで、地刃健やかな優品です。
 板目、杢目、流れ肌が所々ザングリと肌立つ上質な鍛えで、直湾れ調の焼き刃は、刃縁にほつれ、打ちのけ、二重刃頻りに掛かり、刃中小足、葉がふんだんに入っています。刃縁がやや沈んだ感じは、良く斬れそうです。
 豪壮な作ではありませんが、地刃の変化が多彩で出来良く且つ健全、個性的で味わいのある銘振り、特別保存までは大丈夫でしょう。
 新刀美濃鍛冶でありながら、江戸でも鍛刀した兼永の貴重な正真現存作です。










【商談中】商品番号:N-197 脇差し 武州住藤原兼永 特別貴重刀剣認定書付き 拵え付き

価格: ¥260,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年8月号
(7
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ