刀 同田貫(無銘)
(どうたぬき)


Katana:Dotanuki(Mumei)



古刀・肥後 安土桃山期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:60.6(二尺) 反り:0.7 元幅:3.29
先幅:2.97 元重ね:0.85 穴2




鎬造り、鎬高く庵棟低い、大切っ先。 表裏共に薙刀樋に添え樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、小板目に板目交じり、所々流れ心に強く肌立ち、地沸良く付き、地景入り、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で、ほつれ、小互の目を交え、刃縁良く沸付いて、刃中小足、葉入り、金筋、砂流しが掛かる。 帽子、直調で沸付き、先小丸風に長く返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢化粧筋違い。 銅ハバキ。 時代研磨(小サビ有り)。 白鞘入り。  



【コメント】
 同田貫一派は、肥後熊本の戦国武将、加藤清正の抱え工として、室町最末期から江戸初期に掛けて活躍した鍛冶集団で、肥後延寿派の末裔に当たります。
 代表工には上野介(正国)、清国、兵部、又八、左衛門丞などがいます。
 肥後熊本藩主加藤清正の抱え工としても有名なこの一派は、斬れ味の鋭さを高く評価され、また頑丈さを重視した造り込みで、無骨ながらも、最も信頼のおける武器として、多くの武将達にも非常に人気がありました。江戸期の熊本城には、戦備として、同派の刀、薙刀、槍が数百振り保管されていたと云います。
 本作は大磨り上げ無銘ながら、『同田貫』と極められた一振り、寸法二尺、大切っ先で反り浅め、元先身幅の差がほとんどない豪壮な慶長新刀スタイルを示しており、何とも言えない力感に満ち溢れています。
 同派らしい野趣のある地鉄、直湾れ調の焼き刃は、ほつれ、小互の目を交え、刃縁良く沸付いて、刃中小足、葉入り、金筋、砂流しが掛かっています。
 これ正に『折れず、曲がらず、同田貫』のイメージ通り、理想的な同田貫刀、且つ最強の実戦刀です。














商品番号:N-227 刀 同田貫(無銘) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥498,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ