刀 福以徳招 上林恒平作
(ふくはとくをもってまねくかんばやしつねひらつくる)
平成元年十二月吉日


Katana:Kanbayashi Tsunehira



現代・山形
無鑑査刀匠




刃長:76.1(二尺五寸一分強) 反り:2.3 元幅:3.32
先幅:2.67 元重ね:0.73 先重ね:0.56 穴1




鎬造り、鎬高め三ッ棟低め、大切っ先。 表裏共に二筋樋をハバキ下で掻き流し、樋先やや下がる。 鍛え、小板目肌良く詰み、細かな柾肌を交え、地沸良く付き、繊細な地景入り、地鉄概ね精良。 刃文、互の目乱れを主体とし、湾れ、小互の目、尖り心の刃を交え、刃縁の沸匂い深く明るく冴え、刃中葉、足入り、金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで小乱れて沸付き、先強く掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢逆筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ(一部赤銅仕上げ)。 時代研磨(刃アタリ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 恒平は上林(かんばやし)勇二と言い、昭和二十四年、現在の山形県鶴岡市に生まれ、昭和四十二年、宮入昭平の門人となり、昭和五十一年に独立すると、以後、文化庁長官賞四回、高松宮賞二回、薫山賞等々多くの受賞を果たしました。昭和六十年に無鑑査、翌六十一年には山形市長谷堂に鍛刀場を開設、平成二十年、山形県の無形文化財保持者に認定されました。
 師が得意とした相州伝を基本に、その他様々な古名刀の写しも意欲的に行い、『現代刀職展(旧新作名刀展)』には毎年無鑑査出品を続ける名工です。彫り物も巧みで、彫金の技は無鑑査柳村仙寿に学んでいます。
 本作は平成元年、同工四十歳の頃の作、志津三郎兼氏を狙った堂々たる南北朝太刀写し、寸法二尺五寸一分強、大切っ先で三ッ棟の造り込み、元先身幅の差が少ない豪壮な一振りです。
 小板目肌良く詰み、細かな柾肌を交え、繊細な地景入る精良な鍛え、互の目乱れを主体とした焼き刃は、湾れ、小互の目、尖り心の刃を交え、刃縁の沸匂い深く明るく冴え、刃中葉、足入り、金筋、砂流しが掛かっています。 
 刀姿、地刃の出来のみならず、二筋樋の樋先をやや下げるなど、細かな部分まで大志津の作を忠実に再現しているものと鑑せられます。
 茎にある『福以徳招』は、掛け軸や額に入った書などで良く見掛けますが、正確には『福は徳を以て招く』と読みます。『幸福は善行を以て招くものである。』という解釈になるかと思います。
 無鑑査上林恒平がその高い技量を示した古名刀写し、また招福、開運、幸福祈願のお守り刀にも成り得る優品です。














【売約済】商品番号:N-250 刀 福以徳招 上林恒平作 平成元年十二月吉日 無鑑査刀匠

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ