刀 中島来(無銘)

Katana:Nakajima Rai(Mumei)



古刀・摂津 南北朝中期
寛文十二年本阿弥光常折紙付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:73.7(二尺四寸三分強) 反り:2.2 元幅:3.05
先幅:2.38 元重ね:0.69 先重ね:0.50 穴3




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先伸びる。 表裏棒樋を茎途中で掻き流す。 鍛え、小板目良く詰み、所々板目、杢目、流れ肌を交えて肌立ち、細かな地景繁く入り、沸映り立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、やや幅広の直湾れ調で、小丁子、小互の目、小乱れを交え、刃縁潤み勝ちに明るく、刃沸強く、刃中葉、小足入り、金筋、砂流し頻りに掛かって、一部沸裂け、沸崩れ状を呈する。 帽子、小乱れて沸付きで先強く掃き掛ける。 茎大磨り上げ、先切り、鑢勝手下がり。 銅に金着せ二重風ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 来国長は、来国俊の門人と伝わり、初め山城、後に摂津国西成郡中島(現在の大阪市東淀川区内)に移住したことから、『中島来』の呼称があります。
 銘鑑によると、初二代があり、初代が鎌倉最末期の元徳(一三二九~三一年)頃、二代が南北朝中後期の正平(一三四六~七〇年)、応安(一三六八~七五年)頃としています。
 造り込みは、時代の姿を反映し、身幅尋常な作から、切っ先の延びた大柄な作まで見られます。現存作に在銘の太刀は極めて少なく、ほぼ寸延び短刀か、小脇差しのみです。
 作風は、来派伝統の小沸出来直刃を本位としていますが、中には国俊、国光には見られないような沸の強い互の目乱れの作もあり、帽子も純然たる小丸ではなく、返りが長いもの、乱れ込んで掃き掛けるもの、焼き詰め風となる場合もあります。また鍛えに強い杢目や板目が交じる場合もあります。
 本作は大磨り上げ無銘ながら、寸法二尺四寸三分強、切っ先グッと伸び心で、元先身幅の差が少ない勇壮な南北朝スタイル、今も輪(京)反り風の姿を留めており、樋が入っていますが、しっかりとした重量感があります。
 小板目良く詰み、所々板目、杢目、流れ肌を交えて肌立つ地鉄は、細かな地景繁く入り、沸映りが立っています。
 やや幅広な直湾れ調の焼き刃は、小丁子、小互の目、小乱れを交え、刃縁潤み勝ちに明るく、刃沸強く、刃中葉、小足入り、金筋、砂流し頻りに掛かって、一部沸裂け、沸崩れ状を呈しています。
 本刀には、寛文十二年、十二代本阿弥光常による『中島来』極めの折紙が附帯しており、『代金五枚』の代付けが成されています。
 本阿弥光常は、本阿弥本家十二代当主で、十一代光温の孫に当たります。折紙は寛文七年(一六六七年)~元禄九年(一六九六年)まで残されており、宝永七年(一七一〇年)、六十八歳没。
 本阿弥本家の折紙でも、十三代光忠までのものは、特に鑑定が厳格で信用が置けるため、『古折紙』又は『上折紙』と呼ばれ珍重されます。
 地に鍛え肌等、研ぎ減りも少しありますが、棟には細かな受け疵が数ヶ所残されていることからも分かるように、数々の戦乱をかいくぐった歴戦の勇士、多少のことは致し方ありません。
 古い登録証は、昭和二十六年三月の熊本登録『第七七七号』、堂々たる刀姿に加え、随所に来物特有の美点が良く示された一振り、本阿弥光常が認めた『中島来』です。
















商品番号:N-258 刀 中島来(無銘) 寛文十二年本阿弥光常折紙付き 特別保存刀剣鑑定書付き 

価格: ¥1,680,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ