刀 (太刀銘)造大慶直胤(花押)
(たいけいなおたねつくる)
天保六年乙未年仲秋(一八三五年)
応市川五郎左衛門望


Katana:Taikei Naotane



新々刀・武蔵 江戸末期 最上作
特別保存刀剣鑑定書並びに特別貴重刀剣認定書付き
探山先生鞘書き有り




刃長:71.6(二尺三寸六分強) 反り:1.3 元幅:3.15
先幅:2.25 元重ね:0.68 先重ね:0.51 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先。 鍛え、波状に強い柾肌が流れ、太い地景入り、地沸厚く付き、地鉄概ね精良。 刃文、湾れ互の目調の刃取りで、刃中小互の目乱れを主体とし、刃沸すこぶる強く、金筋、砂流し頻りに掛かって沸崩れ、沸裂け状を呈する。 帽子、湾れ調で烈しく沸付いてほつれ、先火炎風に強く掃き掛ける。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 直胤は荘司箕兵衛と言い、安永七年、出羽国山形に生まれ、『大慶』と号しました。寛政十年頃、同郷の水心子正秀を頼って江戸へ出て門下に入り、文化初年頃に独立すると、師と同じく、秋元家に仕え、文政四年には『筑前大掾』を受領、嘉永元年には『美濃介』へと転じました。
 師の提唱した『復古造法論』を最も良く実践し、師に次いで多くの門人を輩出、師正秀、源清麿と共に、『江戸三作』とも呼ばれた新々刀期を代表する名匠です。
 作は、寛政末年頃から安政三年頃まで残されており、安政四年、七十九歳にて没。
 作風は、五ヶ伝全てを巧みにこなし、来、保昌、景光、正宗、長義、大志津写しなどの傑作が残されています。
 銘振りは、独立する頃までの初期は、『大慶直胤』と太鏨の草書風に切り、以降は、『大慶荘司直胤』、『出羽国住人大慶荘司直胤』、『荘司筑前大掾大慶直胤』などと細鏨の楷書風になり、花押が入ります。天保頃からは、『造大慶直胤』、『荘司美濃兵衛藤原直胤』、『荘司美濃介藤直胤』などと太鏨の楷書風になります。
 本作は天保六年、同工五十八歳の頃の注文打ち入念作、寸法二尺三寸六分強、反りやや浅めに付き、身幅ガシッとした地刃健やかな優品です。
 いわゆる『天保打ち』と呼ばれるもので、実際この頃の作には名品が多く残されており、同工重要刀剣指定品の内、実にその半数が『天保打ち』であることもその裏付けかと思われます。
 波状に強い柾肌が流れる精良な地鉄は、肌目に沿って太い地景が入り、湾れ互の目調の刃取りで、刃中小互の目乱れを主体とした焼き刃は、刃沸すこぶる強く、金筋、砂流し頻りに掛かって沸崩れ、沸裂け状を呈しており、帽子も烈しく沸付いてほつれ、先火炎風に強く掃き掛けています。
 同工にはまま見られる作風で、探山先生の鞘書きにも、『相州伝と大和伝の折衷的優品也。』とあるように、正に『良いとこ取り』の一振りです。
 昭和二十六年の古い登録証は、宮城県の『四六二』号、翌二十七年の古い特別貴重の認定書も付属しています。  新々刀最上作大慶直胤による、同工最盛期の『天保打ち』、地刃健全でスカッと冴えた素晴らしい一振りです。
















【売約済】商品番号:N-298 刀 (太刀銘)造大慶直胤(花押) 天保六年乙未年仲秋(一八三五年) 応市川五郎左衛門望 特別保存刀剣鑑定書並びに特別貴重刀剣認定書付き 探山先生鞘書き有り 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(10
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ