短刀 芸州住弘高作
(げいしゅうじゅうひろたかつくる)
七生報国(しちしょうほうこく)


Tanto:Geisyuju Hirotaka



現代・広島
海軍士官短剣拵え付き(昭和期型)




刃長:22.3(七寸四分弱) 反り:僅かに内反り 元幅:2.14 元重ね:0.45 穴1



冠落とし造り、三つ棟尋常。 表裏腰樋をハバキ下で丸留める。 鍛え、板目が流れ心に肌立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れに互の目交じり、刃縁沸付いてほつれ交じる。 帽子、直調で沸付き先掃き掛ける。 茎生ぶ、先刃上がりの入山形、鑢筋違い。 銀ハバキ。 時代研磨(曇り、小サビ有り)。 白鞘入り。
海軍短剣拵え(全長・43.0 白鮫巻き 総金具、真鍮地金鍍金桜花図 鞘、黒塗り研ぎ出し鮫 桜花と蔦(つた)紋型のネジ式合わせ目釘)入り。



【コメント】
 大江弘高は、昭和初期に活躍した広島の刀工で、龍王斎と号し、大江日本刀鍛錬所主宰を務め、陸海軍の軍刀制作のための協力団体『国工院』の立ち上げに尽力、国工院会員名誉宗匠としても活躍しました。
 昭和十七年、栗原彦三郎が定めた『聖代刀匠位列』では、『貴品の列 最上大業 横綱格』に名を連ねる業物鍛冶です。
 本作は海軍士官短剣用として作られた一振り、海軍士官短剣は、明治十六年に制定された旧帝国海軍将校の正式装備品です。昭和二十年の終戦までの約六十年間、基本的に外装スタイルに変更はありませんが、制定当時の明治期型と昭和期型では、金具の品質、細工等に差異が見られます。
 本作は昭和期型、鞘の石突部分の金具に少し凹み、総体的な色のくすみはややありますが、柄の金線に緩み、傷みはなく、ストッパーもピシッと止まります。ネジ式合わせ目釘には桜花と蔦紋を配しています。
 刀身は元々拵え入りであったため、現状古研ぎで曇り、小サビがありますが、湾れ乱れに小互の目交じりの刃を真面目に焼いています。
 新白鞘に入っており、つなぎを入れてありますので、別々に保管出来ます。
銘は草書体で、茎裏には『七生報国(しちしょうほうこく)』の切り付け銘があります。元々は後醍醐天皇に仕えた楠木正成が、足利尊氏に敗れて自刃する際に誓った言葉に由来しており、『七生』は仏教語で『何度も生まれ変わる』の意、『何度生まれ変わっても皇国に報いる』という、いわゆる戦時中のスローガン的な言葉です。
 中々お目に掛からない、貴重な大江龍王斎弘高の海軍短剣です。










【売約済】商品番号:N-342 短刀 芸州住弘高作 七生報国 海軍士官短剣拵え付き(昭和期型)

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年12月号
(11
/20発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ