刀 河内守源永国
(かわちのかみみなもとのながくに)


Katana:Kawachinokami Minamotono Nagakuni



新刀・肥後 江戸前期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.0(二尺三寸一分) 反り:1.6 元幅:3.06
先幅:1.92 元重ね:0.74 先重ね:0.50 穴1




鎬造り、鎬高く庵棟尋常、中切っ先やや詰まる。 鍛え、小板目肌良く詰み、所々板目が流れ心に肌立ち、総体的に白け心があり、地沸厚く付き、細かな地景繁く入り、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で所々互の目を交え、刃縁良く沸付いて匂い深く明るく冴え、刃中小足、葉入り、所々刃縁に沿って二重刃風の沸筋掛かる。 帽子、直調で先小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
 永国は、寛永十年、越前の生まれで、後に江戸の法城寺国正門、或いは肥後守橘吉次門に学んだと云いますが、一説によると、大和守安定一門とも云われています。
 活躍期は寛文から天和頃、作風は、直刃調に互の目が連れて交じり、刃縁沸良く付いて匂い深く明るく、刃中太い互の目足が入り、金筋、砂流し掛かるなど、乕徹、上総介兼重、法城寺一派を思わせる出来を本位としています。
 同工の鍛刀地ですが、『武州於江戸作之』、『於肥州熊本作之』の切り付け銘が残されていることから、江戸で学んだ後、熊本藩主細川家の求めに応じて同地へ移住したと考えられています。
 同工は肥後熊本へ移った関係で、宮本武蔵との深い交流があったと云われていますが、実際は武蔵が没した正保二年の時点で、永国はまだ十三歳頃ですので、刀匠としての関わりがあったと考えるには無理があります。しかしながら、武蔵の弟子、つまりは『二天一流』の継承者である寺尾求馬助(もとめのすけ)信行、村上正雄らとの交流があったことは間違いなく、実際、彼らの所持銘が入った、天和二年紀の作が残っています。
 本作は寸法二尺三寸一分、少し地に鍛え肌もありますが、総体的に綺麗に詰んでおり、直湾れ調で所々互の目を交えた焼き刃は、刃縁明るく冴え、刃中小足、葉入り、所々刃縁に沿って二重刃風の沸筋が掛かるなど、刃縁になんとも言えない深みがあります。
 正式な大小ではありませんが、#476の『江戸打ち』脇差しも同時にお求め頂くのが良いでしょう。
 それ程作品を多く見る刀工ではありませんので、刀と脇差しが同じタイミングで揃うことは滅多にありません。
















商品番号:N-475 刀 河内守源永国作 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥580,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年3月号
(2
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ